動物

愛犬が天国で幸せでありますように 女の子が神様に送った手紙が泣ける

投稿日:

愛犬が天国で幸せでありますように 女の子が神様に送った手紙が泣ける・・・。
かけがえのない兄であり親友であったアビーを失ったその日、両親の慰めも耳に入らないかのように、メレディスちゃんは泣き続けますよね。
ところが、悲しみがまだまだ癒えないその翌日、彼女はあることを考えつき両親にペンと紙を渡します・・・。
「神様に手紙を書いて!」
それで悲しみが少しでも癒えるならばとまだ字のかけない彼女に代わってお母さんが手紙を書きました。
宛先は天国、宛名は神様・・・。
天国はとてつもなく遠いに違いないと思ったメレディスちゃんはこの手紙に切手をたくさん張って近所の郵便局に出しました・・・。
神様お願いです。私たちの家族・アビーのお世話をお願いできませんか?????

親愛なる神様へ

神様にお願いします。私たちの家族であるアビーのお世話をしていただけませんか???
アビーは昨日、亡くなりました。天国では病気が治っていますように! 苦しんでなどいませんように!
神様、アビーはもうここにはいません。
でもアビーと一緒に過ごす時間を私たちにくださってありがとう。
神様がすぐに彼女だと分るように、アビーの写真を同封します。よろしくお願いします。
メレディスより 愛をこめて・・・
(この手紙はママが代筆しました)
奇跡が起きた!?
さてこの手紙を投函してから2週間後、奇跡が起きます。
一家が帰宅すると玄関の前に小さな小包が置かれていました。
そこには「神様より」と署名が・・・。
メレディスが小包を開くと、中には『ペットが亡くなったときに』という本とピンクの便せんに書かれた「神様」からの手紙が入っていました・・・・。

親愛なるメレディスへ

お手紙をありがとう。あなたのアビーは無事、天国に着きましたよ・・・。
あなたが送ってくれた写真のおかげで、すぐにアビーを見つけることができました。
アビーはもう病気で苦しんではいませんよ。
アビーの魂は私と共にここにいて、あなたの心の中にいる姿そのままに、健康で活発で、遊んだり走ったりするのが大好きです。
アビーはあなた方の家族でいられて幸せでした。
さて、送ってくださった写真ですが、天国では体は必要ないので、しまっておくポケットがないのです。
お返ししますので、思い出として大切にしてくださいね。
心のこもった手紙を書いてくれてありがとう。
この手紙を書いてくれた素晴らしいママにも感謝を!

神様より・・・。

(この手紙は天使が神様の言葉を書きとめました)
これにはメレディスちゃんの両親も驚きです!
「いったいどこのどなたが、アビーを失った娘の悲しみを気にかけてくれたのだろう?」
おそらく郵便局の職員がしてくれたことだろうとは思いましたが、あえて突き止めようとはせず、メディアに「天使」へのお礼を掲載しました。
両親は当時のことをこう語っています。
「メレディスが小包を受け取った時、彼女は幸せでしたが驚いてはいませんでした。手紙が天国に届いたことを信じて疑わなかったのです」
人を助けた犬、人に助けられた犬、家族との絆・・・犬にまつわる素敵な話や感動的な話は世界中にあふれています。
しかし、この童話のような小さなストーリーが、何とも心を打つのはなぜでしょう?
小さな少女が、亡くなった愛犬をひたすら案じて考えついた『神様に手紙を書く』ということ、そして「神様」からの手紙を代筆した名も無き『天使』が、とても大切な何かを思い出させてくれるからなのかもしれません。
さて、愛犬を失った後、私ならどうするだろう?
神様に手紙を書いて投函するには、さすがに大人になり過ぎてしまいました。
過去に愛犬や愛猫を見送った時のこと、思い出してみましたが、それだけでも涙があふれてきてしまう!
きっとまた、ベッドにもぐり込んでオイオイ声を上げて泣きながら、こう繰り返すでしょう。
「ごめんね。たくさんありがとう。また会おうね。何度も何度も会おうね」と・・・。

不思議といつも、この言葉が出て来るのです。
天国を信じているかどうか、自分でも分りません。
でも願わくば、愛犬には天国で元気に走り回っていてほしい。
そしてまた、いつかどこかで出会い、一緒に暮らしたい、いや、必ずまた会える!
そう思うことで、悲しみが少しずつ遠い未来への希望に変わっていくからなのかもしれません。
そうして彼のいない生活に慣れた頃、また新たに1匹を迎えるでしょう。
亡くした愛犬から教えられた愛情を、その新顔に再び注ぐことでしょう。
愛犬を失った人が身近にいれば、その人の悲しみに寄り添うこともできるかもしれません。
愛情や思いやりは、途切れることなく循環し続けるものなのだと思います。
メレディスちゃんの純粋な優しさに共鳴し返事を書いた誰かの思いやりはそのまま彼女の心に溶け込み彼女が豊かな心を持つ大人へと成長する大切な支えとなっていくのではないでしょうか・・・。

本当にありがとうございました・・・・。泣きました。
涙腺崩壊です。





-動物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

命の恩人の我が家の犬

2月13日の金曜日。この日にちだけでも何かふきつさを感じますよね。その日に起こった出来事です。 この不吉とされる日に、クリスタルさんは文字通り、死に至らしめられていたかもしれません。しかし、その日がむ …

no image

カラスのヒナ

この話はとある日にカラスを拾ってきた話になります。 先日カラスのヒナが落ちてたので育てたらなついた。 本当に頭が良くて、トイレシートでうんちするようになり 「飯だよ!」と「お~い今日は肉だよ!」を九官 …

no image

猫の泣ける話

この話はねこちゃんの話になります。 そう11年前の2月の事です・・・・・。何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。 よろよろと俺たちの前に来るとペタンと腹をつけて座った。 動物に無関心だった俺は …

no image

我が家の猫の話

我が家の猫の話になります。 我が家の猫は猫なのに走っても人間に追い付かれて捕まるくらいトロかったんです。そこもまたかわいくてさ。15年くらい生きたけど子供の頃からそうだった。 でもあまり人に近寄らなか …

no image

愛犬との素晴らしい光景

  静かな水面に身を委ね、 目を閉じている犬の表情は 主人への愛 強い信頼が満ちあふれている。 この犬、スコップは19歳、 人間では 約96歳相当。 重度の関節炎に悩まされ 痛みから普段は睡 …