「 泣ける話 」 一覧

no image

エメラルドの指輪

2015/02/16   -泣ける話
 

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたり ある日突然、私は貴方の妹なのと言ったり、俺がこれは変だと思い、病院に行ったら、痴呆症だと言われた 俺と彼女 …

no image

双子の妹の面倒は俺が見てる

2015/02/15   -泣ける話
 

俺には双子の妹が居て、俺の親父は仕事が忙しいし、母親は看護士だから朝早く家を出て夜遅く帰ってくる。 だから、双子の妹の面倒は俺が見てる。 妹との年齢差が 12歳もある。 んでさすがに両親も妹達とゆっく …

no image

妹の携帯電話

2015/02/15   -泣ける話
 

妹が亡くなって2年の歳月が流れました。 妹からの最後のメールを見て命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛か・・・ 白血病に侵され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12 …

no image

「たくちゃん」って呼ばれてた先輩

2015/02/15   -泣ける話
 

その人はいっこ上の先輩で同級生、後輩からも「たくちゃん」って呼ばれてた。   初めて話したのは小学校の運動会の時。俺の小学校は全学年ごっちゃまぜで行われる。 俺は青組みだった。その中に、明ら …

no image

女手一つで俺を育ててくれた母が死んだ

2015/02/15   -泣ける話
 

母が死んだ。 43歳だった。 10日まで元気だったのに。急に逝ってしまった 11日の朝、いつもみたいに御飯作って母さん起こして「ごはんできたぞ」と でもいくら呼んでも返事がなかった。いつも文句言いなが …

no image

悲しい運命の再会

2015/02/15   -泣ける話
 

私の友人の婚約者の話です。 彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 彼が17歳の時に、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つか …

no image

パン粥

2015/02/15   -泣ける話
 

親父が糞だったからいつもひもじい思いをしていた。 一日の食事で一番豪華なのが給食で、給食で残ったパンをほぼ毎日貰って帰っていた。 持ち帰ったパンは翌日お袋がパートに持って行って昼飯にしてた。 月末で金 …

no image

沖縄に行かない?

2015/02/15   -泣ける話
 

「沖縄に行かない?」いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。 「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。 就職決ま …

no image

母さんごめんね2

2015/02/15   -泣ける話
 ,

もう五年前ぐらいの話かな。 人前ではほとんど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっとアタマが弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親 …

no image

母さんごめんね

2015/02/15   -泣ける話
 ,

もう十年位も前の話になるけど。 当時、社会人2年目だった俺は実家から遠く離れて一人暮らしをしてた。 そのとき始めたばかりのスノボで、調子に乗って鎖骨を骨折してしまった。 病院へ運ばれたら手術が必要だと …