感動する話

運命とは自分の力で切り開くもんだ

投稿日:

運命とは自分の力で切り開くもんやけど、たとえ結ばれなくとも強い縁で結ばれとるひともいると思とりまんねん・・・。

とは言うたものの、ウチは運命や宿命は信じていまへんやった。

それは運命と感じたひとと出会うた時もうまくいかへなんだからやで。

16歳の時やったんだけど。

ウチは原宿でアルバイトをしとったさかいすが、原宿にはストリートミュージシャンがようさんいました。

アルバイトの休憩中に友達が来とるっちゅうことで、ちょっと会おうと思い待ち合わせをしとった。

待ち合わせ場所にひとりのストリートミュージシャンがいたちゅうワケや。

ウチは別に曲を聴いとったわけではあらへんが、一曲歌い終わったあとにウチのもとに来て、歌を聞いてくれておおきに、と言いに来よったちゅうワケや。

ただ友達と待ち合わせをしとっただけとはめっさ言えんと友達が来るまで雑談をしとった。

その日はそれで終わったさかいすが、後日偶然その男性がウチのバイト先に買い物に来よったちゅうワケや・・・。

お互い顔は覚えとったさかい、雑談をして、その後もその男性は頻繁にウチのバイト先に現れるようになりましてん。

それがきっかけで彼とはお付き合いをするようになりよったちゅうワケや。

彼は当時24歳でウチは16歳やった・・・。

ウチは若かったさかい結婚などは考えてへんかったさかいすが、彼はどうやら先を考えて付き合っとったようなんやねん・・・。


凄く尊敬できる素晴らしい父親
中学時代の親友の感動する話





-感動する話
-

執筆者:

関連記事

no image

満員の電車でお婆さんが嘔吐したときのこと

去年の年末に満員の急行電車で都心から帰宅する途中。 シルバーシートに座ってた品の良さそうなお婆さんが急に吐いてしまった。 それまでぎゅうぎゅう詰めだったのが嘘のように人が離れて、お婆さんだけがそこに残 …

no image

名校長先生の教員生活最後の授業

この話は名校長先生の教員生活最後の授業の感動する話になります。本当に素晴らしい話になりますので見てください。以下先生の授業の話になります。 私が考える教育の究極の目的は「親に感謝し親を大切にする」です …

赤ちゃんとお母さんは首都ワガドゥグーにある病院に運ばれ・・・

西アフリカ西端に位置する共和制国家「ギニア」から、サハラ砂漠の南に位置する内陸国「ブルキナファソ」に向かっていた飛行機の中で、突如、陣痛を訴えたのはNafi Diabyさん。彼女は妊娠28週目だったそ …

no image

子供が可愛くて仕方がない

今日1週間の入院から帰宅。 3歳息子は、初めてママと離れてパパとの生活。 急に倒れた私だったので気持ちの整理も何もできずに離れた。 でも息子は毎日ママがいなくても元気に幼稚園に通ってた様子。 ただパパ …

no image

ケイタ君という友達

私の弟が28歳で死にました。 脳疾患持ちで、合併症で15歳まで生きられない20歳まで生きられないと、お医者さんに言われ続けてよくぞ28まで生きたものです。 子供は残酷ですから、クラスの中に呼吸器を引き …