感動する話

ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんが背番号を66を変えなかった理由

投稿日:

ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんが背番号を66を変えなかった理由が

ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんは当時、剛速球に切れきれの球を投げてソフトバンクエースに成長した投手になります。その投手の感動話しになります。
彼はずっと背番号「66」を引退まで付けていました。
これだけの数字を残せる投手は「18」など数字が少ないのが恒例なんですが・・・
しかし彼の後ろ姿を天国から見守っている人がいる。
だからこそこの「66」にこだわったんだと・・・。
00年2月に亡くなった斉藤の妻・由美さんの祖父、松尾勇さん(享年88歳)だ。
葬儀の際にも勇さんに着せてあげたのが背番号「66」のユニホーム。
斉藤は、今もそのことを忘れていない。
「これで背番号を変えたらきっとじいちゃんも分からないでしょうからね」と。
その年のオフ、プロ5年目の初勝利でブレークした斉藤は、背番号の変更を球団から打診されたそうです。
それでも、勇さんへの思いもあってかたくなに断ったというから・・・。
「お盆には報告に行こうかなと思ってるんです」と・・・。と由美夫人。
球宴に出場した投手の中で「66」は最も大きい番号。
そして、斉藤の背番号は文字通りのエースの代名詞となった。
人間として素晴らしい話でした・・・。


感動甲子園・高校野球
プロ野球のチケット





-感動する話
-

執筆者:

関連記事

no image

あめふり

この話は悲しいけれども感動する話になります。 誰もが一度は耳にしたことがあるだろう童謡の1つに、「あめふり」ってのがあるかと思います。 私は子供の頃その歌が嫌いで嫌いでたまらなかった。小学校にあがる少 …

no image

娘の話

今日も仕事で疲れきって遅くなって家に帰ってきた。 すると,彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。 彼は驚いて言った。 父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」 娘「パパ。寝る前 …

no image

病院のトイレの落書き

大きな病院に通院していました。その時の話です。 ある日、男子トイレの洋式の方に入り座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月、直らない。もうだめだ。』 そして二週間後(その落書きの …

no image

自分で心を閉ざしていただけ

高校生の時の話になります。この時期に嫌な事があったので書かせて下さい・・・。 私はクラス全員から冷たい目で見られてるような気がした。 学校帰りの夕方、運悪く朝は晴れていたのに・・・。 どしゃ降りの雨が …

no image

ケイタ君という友達

私の弟が28歳で死にました。 脳疾患持ちで、合併症で15歳まで生きられない20歳まで生きられないと、お医者さんに言われ続けてよくぞ28まで生きたものです。 子供は残酷ですから、クラスの中に呼吸器を引き …