感動する話

赤ちゃんとお母さんは首都ワガドゥグーにある病院に運ばれ・・・

投稿日:

西アフリカ西端に位置する共和制国家「ギニア」から、サハラ砂漠の南に位置する内陸国「ブルキナファソ」に向かっていた飛行機の中で、突如、陣痛を訴えたのはNafi Diabyさん。彼女は妊娠28週目だったそうで、まさかこんなにも早く陣痛がくるとは思ってもみなかったのだとか。

※ほとんどの航空会社は、妊娠36週目まで搭乗することが可能。また、28週間以降の場合、医師からの署名付きの手紙が必要となっています突然。
始まった陣痛。客室乗務員によると、乗客に機内食を配り終えた直後に異変に気付いたのだそうで、連絡を受けたほとんどの客室乗務員がNafiさんの下へと集結。すぐに出産の準備に取り掛かったのだそうです。
そう話していた客室乗務員。しかし、妊娠中の女性へのケア、産気づいた際の対応、そして、万が一の空の分娩についても一応の訓練は受けている客室乗務員は、見事に訓練の成果を発揮!その結果、Nafiさんは無事に女の子の赤ちゃんを出産する事が出来たのでした。
その後、飛行機は無事に目的地「ブルキナファソ」に到着。赤ちゃんとお母さんは首都ワガドゥグーにある病院に運ばれたとのことです。
客室乗務員たちにとって、おそらく初めての出来頃だったに違いありませんが、これは日頃の訓練の賜物。天晴れとしか言い様がありませんね。





-感動する話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

深夜のコンビニ

家の近所にコンビニがあってよく買い物に行くんだがそこにイケメンの兄ちゃんが働いています! 深夜の時間に働いててもう一年くらい通ってる。 んで昨日いつものよいに深夜に買い物に行ったんだ。 客はおっさんが …

ばあちゃん大好きなんだ

大好きなばあちゃんの話になります。 最後までお付き合いください。 私は先日、走ってくる自転車の前にふらふらと飛び出したおばあちゃんがいたのを発見。 ティッシュ配りのバイト中だった私がそれに気付いて危な …

飛行機での感動する話

飛行機での感動する話です。こんな最高な対応は泣きます。その内容になります。 ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何 …

no image

13年後のしんちゃん家

13年後のしんちゃん家の話になります。この話を見てじーーーーんと来ました。その話になります。僕はシロ、しんちゃんのともだちです。 13年前に拾われた1匹の犬。真っ白な僕を、しんちゃんは「わたあめみたい …

no image

血だらけの手で

結婚当初の話になります。 私は姑と上手く噛み合わなくて会うと気疲れしていました。意地悪されたりはしなかったけど気さくで良く大声で笑う実母に比べて 足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀 …