感動する話

いじめから助けてくれた子のことを話したい

投稿日:

私の悲しい話になります。
私は田舎と都会が入り混じる中学校に通っていたんですが悲しいことに私のスペックは全てにおいて平均以下です。
器量は良いと言われるけれど、垢抜けない顔だと自分でも思う。
まぁどんくさいんだよね。全てにおいて。そんな悲しい私・・・。泣きたくなる。

だけれど、そんな私だってオシャレがしたい、綺麗な靴下を履いて登校したいと中学生の頃は毎日思ってたのよ。でも目立つとやっかまれていじめられるのが目に見えている日常。
「高校生になったら、いっぱいオシャレするんだ!」って思いながら、日々受ける軽いイジメに耐えていた。そして高校受験に合格して、遅く咲いた桜を眺めて校門をくぐり、教室に入ったら私の視界に飛び込んできた数人の女子。

紛れもなく、中学のとき私を暇つぶしにいじめていたグループだった。心の中の桜が一斉に散って、目の前に動くマットが現れたような感覚だった
こんな私の悲しい話でした。


いじめから助けてくれた子のことを話したい
高校の時にいじめの主犯格が卒業30年後に





-感動する話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

フリーのカメラマンやってるんだが、市の依頼で夏休みのキャンプ場の撮影の仕事があった。 キャンプ場に行き、広く見渡せる小高い所にある屋根付きのベンチで必要なカットの確認とカメラの準備をしていたら 小学5 …

no image

最後にホームラン打ってくるよ

ある阪神の選手が引退を決意 引退試合には一打席だけ立たせてもらえることになった 愛する娘に「パパ頑張ってくるよ」と言うと まだ幼いその娘は「パパはどうしていつもホームラン打たないの? 最後にパパのホー …

no image

温かい一言で救われました

私は営業秘書をしていた頃に温かい一言で救われました。仕事や人生は辛いときなどに温かい一言で救われることが多々あるなと感じた瞬間でした。 営業秘書の仕事は営業部長の秘書業務が一番の仕事です。 それ以外に …

no image

ありがとうの言葉の威力

あなたはあなたの 「ありがとう」っていう言葉の破壊力に 気づいちゃいない。 その言葉に、 僕はどれだけ救われると思っているんだ。 「ありがとう」って言葉の破壊力を なめちゃいけない。 あなたは言い慣れ …

no image

あと、3年

都合のいい女でもいいです ただの同級生でもいいです   あと、3年 想うことを許してください   3年後 私はこの世にいないから   200%ないと言われましたが 天と地 …