感動する話

初任給の感動話

投稿日:

初任給の感動話。
初任給の感動する話になります。
私は信用金庫に勤める20歳の短大卒です。
私は初月給を親のために使って喜んでもらおうと両親をレストランに招待しました・・・。
お母さんは前日から美容院にセットにいったりして大喜びしました。
ところが、お父さんはブスッと不機嫌な顔をしてついてきたんです・・・。
なんなのこの親父はと思いました。
私は「何を怒っているの?」とたずねたんですが・・・。
「1回の晩飯ぐらいで、俺が20年間苦労して育ててきたことが帳消しになると思ったら大間違いだぞ?」と言い出したんです・・・
「そんなこと、どうして言うの????」と思ったけど口に出しませんでした。でも態度には出ていたと思います。
私は今日はめでたい日だしお母さんは横でもうパクパク食べ始めているし今さら怒って帰れないなと。
しばらく天井を見つめていたお父さんがポツリと・・・。
「ビール、飲んでもいいか?」と言った。
「誰がビールなんかついでやるもんか・・・」、
そう思ったけど、つがなきゃしょうがないなと思って私はお酌をした。してあげた・・・。
ところが、コップを差し出したお父さんの手には20年間勤めたセメント工場での白い粉がびっしりしててびっくりしてしまいました・・・。
手の甲のしわと毛穴にまで詰まったんです。
私は「お父さんごめん」
と言いたかったけど、どうにも言葉になりませんでした・・・。
自宅に戻ったその後なんですがトイレに行こうとして両親の部屋の前を通りかかったら中から話し声がしてきたんです・・・
どうせまた、お父さんが私の悪口を言っていると思ったらそれが違うのでしばらく聞いていたら・・・。
「50いくつになるけど、今日みたいにおいしい晩ご飯は初めてだったな。
あいつの顔を見ていたらさ・・・
俺は涙があふれそうになったから・・・
天井しか見れなかったけどさ。
なあお前、本当にいい娘に育ったな!?」。
その瞬間、私はそこから先に足が進みませんでした・・・。
そのまま自分の部屋に帰って、頭から布団をかぶって「バンザイ!」のポーズで朝まで泣き続けました・・・。
本当に初任給は親孝行に使うべきだなと思い知りました。





-感動する話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

最高な職場

人生何がどこで変わるかわからないけど俺はかなりいい方向にいった。そんな話だけど見てほしい。 おれは大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手、というかあまり好きではなかった。 ワイワイと騒ぐ職場で …

no image

ありがとうの言葉の威力

あなたはあなたの 「ありがとう」っていう言葉の破壊力に 気づいちゃいない。 その言葉に、 僕はどれだけ救われると思っているんだ。 「ありがとう」って言葉の破壊力を なめちゃいけない。 あなたは言い慣れ …

no image

でも、今日私を助けてくれた事には変わりない

俺は、どうしようもないヤツで 警察ともめたりとか、喧嘩とか、あほみたいな事ばかりしてた不良ってやつだった そんなある日、あまりに暇だったから学校を無断で抜け出し 駅前までバスで遊びに行ったんだ 駅前に …

no image

感謝してもしきれない

親父がガンなのが発覚した。それも手遅れで、手術しても意味がなく、 状態が進みすぎてて、強い抗癌剤も使えなかった。 嫁さんが、病気発覚から全部仕切ってくれた。 宣告されて、俺も親父もお袋もボーゼンとして …

no image

マンホールの虹

昨日犬の散歩をしていたら、比較的若い男(20代後半)が二人、作業着でマンホールを調べてた。 少し立ち止まってみていたら、前から泣きながら女子中学生が歩いてきた。 男二人がそれに気づいて、 男A「大丈夫 …