家族

娘の感動する話

投稿日:

娘の感動する話になります!

その話です。最後までお付き合いください。

今日も仕事で疲れきって遅くなって家に帰ってきた。
すると,彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。
彼は驚いて言った。
父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
娘「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
父「なんだ?」
娘「パパは1時間にいくらお金をかせぐの?」

父「お前には関係ないことだ」
父親はイライラして言った。
父「なんだって,そんなこと聞くんだ?」
娘「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」
女の子は嘆願した。
「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」
「わぁ。」
女の子は言った。
「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」

「なんだって!」
疲れていた父親は激昂した。

「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」
女の子は,黙って自分の部屋に行った。
しばらくして父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない…。
たぶん娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。
それに今まで娘はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・。

男は娘の部屋に行くとそっとドアを開けた。
「もう寝ちゃったかい?」
彼は小さな声で言った。
「ううん。パパ!」
女の子の声がした。少し泣いているようだ。
「今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ・・・。
ほら。お前の10ドルだよ」
女の子はベットから起きあがって顔を輝かせた。

「ありがとう。パパ!」
そして、小さな手を枕の下に入れると数枚の硬貨を取り出した。
父親はちょっとびっくりして言った。
「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」
「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」
女の子は答えた。そして10ドル札と硬貨を父親に差しのべて、

「パパ!私20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」





-家族
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

最高の車を造るからな

三人兄弟の末っ子だったオレ。オレが小学生だった時に兄貴が高3だった。 車好きの兄貴は自動車会社に就職したくて大学に行きたかったみたいけど、 頭は決してよく無かったので私立の大学にしかいける大学がなった …

no image

お父さん本当にありがとう 私の父との悲しい話になりますがお付き合い下さい

お父さん本当にありがとう 私の父との悲しい話になりますがお付き合い下さい。 家系は少し複雑な家庭で父と母は離婚して別々にくらしています。 私は三姉妹の末っ子で父に会いに行くのもわたしだけでした。 姉二 …

no image

白いヒール

私は昨日小学4年生の子から手紙で相談を受けました 『僕のお母さんに元気になってほしくてプレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて女の子が喜ぶ物は何ですか? …

母が描いた絵のアルバムなのに最悪な事をしてしまった泣ける話

母が描いた絵のアルバムなのに最悪な事をしてしまった泣ける話です。うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた 絵は …

no image

また次に産まれた時も・・・。

去年の9月1日父親が他界した。 心臓弁を人工の物に付け替えるという難しい手術だったが、私は初めての手術ではないし、今回も普通に元気になって帰って来るのが当たり前だと信じていたので、会社にいつも通り出勤 …