家族

凄く尊敬できる素晴らしい父親

投稿日:

おやじの悲しい話になります。
俺は今高3なんだけど、10月26日に父親が死んだんだ。

凄く尊敬できる素晴らしい父親だったんだ。

だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくってた。

それから2ヶ月くらいたった最近は、まだ元の生活には戻れてないけど多少はみんな落ち着いてきてた・・・。

そして今日、俺はなんとなく父親が母親にどんなメールを送っていたのかと思って、少し悪いと思いつつも、タンスの引き出しにしまってあった、今年の8月まで母親が使っていた携帯を手に取って、父親のメールを見た。

メールの内容は、恥ずかしがり屋な父親らしく、

「めしはいるか」

だとか

「何時の時間に帰る」

だとか

「どこにいる」

だとか、もついていなくてすごいそっけないものだったので笑ってしまった。

どれも同じ内容ばっかりだなーとか思っててきとうに流していると、母親の携帯のメール一覧の一番下に、保護しているメールが一件だけあった。

それは去年か一昨年の8月3日の父親からのメールだった。

「今日も、1日がんばれ」

ただそれだけのメールだったし、8月3日がもうなんの日だったかは覚えていないんだけど、

その短い文章に、照れ屋な父親の優しさが物凄く現れてて、

そしてそれをもらって凄く嬉しかったのかそのメールを保護してある母親のことも考えたら、

胸が熱くなって思わず泣いてしまった。

どうしてもこの気持ちを誰かに伝えたくて、だけど友達にわざわざ電話する内容でもないしって思って書いちゃったよ。
本当に泣けました・・・・。





-家族
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

家蔵がバラバラになる悲しい話

家蔵がバラバラになる悲しい話になります。 3年前のある日の事ですが両親が離婚となってしまったんです。 俺と弟が母さんについていきました・・・。 母さんは今まで専業主婦だったから仕事なんて全然できないん …

no image

父から娘への泣けるメール

【件名】: 「大丈夫か」 【本文】: お父さんを長生きさせたければ 心配をかけろ 【エピソード】: 同居の義父から心無い言葉で罵倒され、 傷つき、いたたまれず実家の父に電話をした。 父の「どうした?」 …

no image

親孝行したかった

俺は高校を卒業してから4年間何にもしないで家で金を使うことしかしてなかったんだ。 そんなダメな俺も必死でバイトと勉強してやっと大手企業に就職できたんだぜ。 本当にうれしかったよ。これで親孝行ができると …

no image

また次に産まれた時も・・・。

去年の9月1日父親が他界した。 心臓弁を人工の物に付け替えるという難しい手術だったが、私は初めての手術ではないし、今回も普通に元気になって帰って来るのが当たり前だと信じていたので、会社にいつも通り出勤 …

no image

着信音にある大事な繋がり

ウチはもともと5人家族だった。 私が物心ついたときには、両親と父方の祖母と弟がいた。今は3人家族。 弟は肢体不自由児だった。不自由な手足で家の中をあちこち遊びまわり、他人だと何を言ってるかわからない言 …