泣ける話

戦時中の泣ける話 切ない恋心

投稿日:

たかしへ

たかしが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょうか。

娘も、こんなに大きくなって・・・。

たかし、見ていてくれていますか?

あの時、私はたかしに言いました。

「お国のために、立派に死んで来てください」

私はたかしの小さくなって行く背中に、いつまでも手を振り続けました。

何度もくれた、戦地からのお便り、何よりの私の心の支えだったんですよ。

不思議と、たかしはいつも私の傍に居てくれている。

そう思っていましたから。

私は今でも後悔しています。

あの時、非国民と言われようが

「無事に帰国してきてください」

と、ちゃんと言えば良かった。

今日は、たかしの娘の20歳の誕生日。

たかし、私、この子を立派に育て上げることが出来ているでしょうか?

私、信じていますよ。

いつか、私の人生が終わる時が来たら、たかしは私に

「よく頑張ったね」

と言ってくれると。

今度生まれ変わることが出来たなら、またたかしと一緒がいい。

平和な世界で、ゆっくり散歩なんかしたいものだわ。

毎日笑って、毎日手を繋いで、毎日キスして過ごすんです。

とても、素敵じゃないですか?

私は、たかしをずっと愛しています。

いつかまた出会った時は、またたかしに恋をします。

その日まで、どうか気長に待っていてくださいね。


おじいちゃんの戦時中の泣ける話
子供といるときの時間の大切さ





-泣ける話
-

執筆者:

関連記事

no image

パン粥

親父が糞だったからいつもひもじい思いをしていた。 一日の食事で一番豪華なのが給食で、給食で残ったパンをほぼ毎日貰って帰っていた。 持ち帰ったパンは翌日お袋がパートに持って行って昼飯にしてた。 月末で金 …

no image

おじいちゃんの青いタバコ

高3の秋の事なんですが・・・・。 大好きだったおじいちゃんが亡くなったんです。 母方の祖父で私は父と仲が悪く、あまり好きじゃなかったので父に怒られたり殴られたりした時はいつもおじいちゃんの家に逃げてい …

no image

人生の中で一番泣いた話

泣ける話がどうかはわかりませんがと、 私が21年の人生の中で一番泣いた話と二番目に泣いた話です。 文才がなく長文ですみません。 私の通っていた小学校は校区が広く、住んでいる地区によって中学校区が異なる …

no image

強くなりたいと

半年ほど前に、 「強くなりたい。」 と自分から入部してきた子。 はっきりいって運動神経もなく、体もひ弱です。 あまりここに書くのもはばかられるのかもしれないんですが、めちゃくちゃ切ない過去を持つ子供な …

no image

戦時中の沖縄での話

戦時中の沖縄での話になります。 本当に悲しく泣きました。 私の叔父さんは自然の洞穴を利用して作った壕の中にいたそうです。 他の住民、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていたそうです。 しかし …