泣ける話

高2の夏僕は恋をした

投稿日:

高2の夏の出来事やけん・・・。
僕は恋をしたんや。 好きで好きでたまらへなんだ・・・。

その相手を惚れてもたきっかけなんだが 僕がクラスでいじめにあってヘコんで、生きる意味すらわからなくなって一人教室で泣いとった時にさ・・・。
彼女がそっと僕に近寄って来てくれたんだ「○○に涙なんて似合わへんぞ。ほら、笑いなよ!ウチ、笑っとるあんたの顔好きやで・・・。」といってくれはったんや。

ほんでは僕は、いじめられてもずっと笑っとったんや。 泣くこともやめたんや。

そうすると次第にいじめもなくなって気がつけば友達もようさんできとった・・・。

あのときの僕を救ってくれたのは間違いなく彼女の一言やったんだ。 それ以来ずっとずっと彼女を想い続けて気がつけば高校の卒業が近づいとったんや。

その間何度も何度も告白しようとしたんや。 せやけど好きやから、好きすぎたから失うのが恐くて実行はできひんかったんや。

しかし、卒業が間近になってようやっと覚悟を決めた僕は卒業式の日に彼女に告白することを決心したんや。
そないな卒業式の三日前の朝、・・・。
いつものように彼女におはようを言おうと思って教室を見回したが彼女の姿はあれへん。 入試も近いし、今日は休みなのかと気ぃ落としとった。
そのとき担任の先生が暗い顔をしながら教室に入ってきていきなりワイらにこう告げた。 「OOさん(彼女の名前)が昨日、学校のいにに車にはねられ意識不明になり、今朝病院で亡くなりましてん・・」と。

何を言っとんのかわからへなんだ・・・。

状況が理解でけへん僕はみんなが泣いてる中で泣くことすらできひんかった・・・。

ほんでお通夜の日、棺おけの中におる清められた彼女の姿を見た時になってようやっと涙がこみ上げてきた。 祭壇目をやると彼女の写真が目に映った。 彼女は笑っとったんや。

そのときふと彼女が僕に言ってくれたあの言葉を思いだしたんや。

僕は笑うてん・・・。

他の参列者の目には人の死を前にして笑顔を浮かべる僕はどううつっただろうか???

ほんせやけど僕は彼女の写真を見ながら笑うてん。

彼女の死から2年がすぎクラスで同窓会をした。
その時にクラスの女子から高校のとき彼女が僕を好いとったとるっちゅう事を教えられた・・・。 僕はその瞬間初めて泣いたさ・・。

声をあげて泣いたさ・・。

ほんでまた僕は笑うてん・・。


辛い失恋
お前が泣くと





-泣ける話
-

執筆者:

関連記事

no image

クロの泣ける話

犬の泣ける話です。 クロ、元気か? 私と私のお布団のないそこで、どうやって寝てるのかい? ちゃんとあったかくて気持ちいいところを見つけたか? 私は今でも寝床でおまえを待ってしまうよ。 肩とふとんの隙間 …

no image

最後の手紙

18年間ありがとう、貴女と知り合って本当に幸せでした。 貴女と知り合った時は、まだ若かったね!無茶もして自分は人を信じれなく荒れてた時、貴女と知り合って、貴女に人を信じる気持ちを思い出させてくれ、自分 …

no image

女手一つで俺を育ててくれた母が死んだ

母が死んだ。 43歳だった。 10日まで元気だったのに。急に逝ってしまった 11日の朝、いつもみたいに御飯作って母さん起こして「ごはんできたぞ」と でもいくら呼んでも返事がなかった。いつも文句言いなが …

no image

おとうさんごめんね・・・。

お父さんが亡くなって一年半が経ったんだね・・・。 月日が経つのはあっという間だね。 お父さんが体調の変化を感じた時には、もう病気はかなり進行してたね。 なんでもっと早く気がついてあげなかったんだろう。 …

no image

私は41歳のシングルマザーです

私はたくさんの借金を抱えたまま妊娠した。 妊娠がわかった時は40歳だった。 赤ちゃんが産まれる時は41歳になる。 しかも結婚もしていなかった。 普通は妊娠がわかると「おめでとう」と言われることが、親や …