泣ける話

戦時中の悲しい話

投稿日:

戦時中の悲しい話です。
大戦中にドイツ軍の捕虜収容所におったフランス兵たちのあるグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンドを作った話を思い出したんだ。
しかし・・・・そのグループが収容されてた雑居房のバラック、その隅に置かれた一つの席は、13歳の可愛らしい少女がいつも座っとる指定席やった。(とるっちゅう、皆のイメージの話だけど)

彼らグループの中で、喧嘩や口論など紳士らしからぬ振る舞いに及んだ者は誰であろうと、その席におる少女に頭を下げて、皆に聞こえる声で非礼を詫びなければならへん。
着替えの時は、ざんない姿を彼女に見せぬように、その席の前に目隠しの布を吊り、食事の時は、皆の分を分け合って彼女の為に一膳をこしらえ、予め決められた彼女の「誕生日」やクリスマスには・・・・
各自がささやかな手作りのプレゼントを用意して歌でお祝いをする。
最初はゲームのようなものやったのが、皆があまり熱心になると、監視のドイツ軍までもが、彼らがほんまに少女を1人かくまっとるものと勘違いしてしまった。
彼らの雑居房を天井裏まで家捜しするとるっちゅう珍事まで起こったさ。
やけど、厳しい捕虜生活の中で、他の捕虜たちが衰弱して病死したり発狂したりする中、そのグループは全員が正気を保って生き延び戦後に揃って故国の土を踏んだとるっちゅう。やはり気持ちは大切なんだと感じた話でした。


戦時の恋愛観
戦時中の良い話





-泣ける話
-

執筆者:

関連記事

友人との悲しい話です・・・・。

友人との悲しい話です・・・・。 その話は僕が小学校4年生の時なんですが10歳の誕生日会を開くことになった・・・。 土曜日に仲の良い友達、みんなに声かけた。「明日来てくれる?」って・・・。 みんな、「う …

no image

雨を見て

俺はじいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。 じいちゃんが介護してた。 いろいろ大変だったみたいだけど、会話はできているようで、人が思うほど大変じゃないよって言ってた。 …

no image

最後の手紙

18年間ありがとう、貴女と知り合って本当に幸せでした。 貴女と知り合った時は、まだ若かったね!無茶もして自分は人を信じれなく荒れてた時、貴女と知り合って、貴女に人を信じる気持ちを思い出させてくれ、自分 …

no image

ネットの出会いが一生の付き合いに

私の家庭が少し複雑で、遊びとかもダメな家だったので、誰かと遊んだり、付き合うなんて絶対あり得ない日々でした。毎日バイト、バイト、バイトの日々でした…。 そんななか、携帯のチャットで知り合った人と仲良く …

no image

涙が流れない。 最後に涙を流したのは中学2年の時だ。 それ以来涙を流していない。 涙腺が強いと思っていた。 人より涙腺が強いから。 同じだけ悔しくても涙が流れない。 人より涙腺が強いから同じだけ悲しく …