泣ける話

おじいちゃんは戦争の話が嫌いでした

投稿日:

うちのおじいちゃんは戦争の話が嫌いでした。
うちがほたるの墓や、ビルマの竪琴を読んでいるのを見つけると・・・・。
悲しそうな顔でうちに、「知らない事が幸せなのに」と呟いていました。

去年の今ごろにおじいちゃんは亡くなったのですが、その1ヶ月ほど前に、1度だけ戦争の話をしてくれました。

おじいちゃんは、終戦の日まで、国に何も恩を返すことができなかったこと。
特攻隊として志願したが、上官に泣きながら殴られたこと。
戦争が終わったと知ったその日、戦友に切腹の介錯を頼んだが、当日その戦友が拳銃で自害したこと。

血に染まった壁に、
「○○(おじいちゃんの名前)、お前が来たら追い返せるよう、先にゆく」
と書いてあったこと・・・。

めったに泣かないおじいちゃんが、チョコを食べながら聞いていたうちを見てぽろぽろ号泣して、
「そいつを少しでもあいつらにわけられたらな、上官に差し上げることができたらなぁ」と、蚊の鳴くような声で、何度も何度も繰り返していました。

おじいちゃんは優しい軍人さんだったのでしょうか。
今は上官に、戦友さんに、お菓子を振舞っているのでしょうか。

そうだったらいいなぁと思います。
でも本当に戦争はよくない。
悲しむ人が多すぎます。


戦争の悲しい話
戦争の爪痕





-泣ける話
-

執筆者:

関連記事

恋人が死ぬとしたら悲しいいですよね

いとこ(27歳男)が、大腸がんで死んだ。 その彼女は、従兄弟ががんと分かってから、仕事もあったのに 毎日病室に訪れ付き添った。結婚の約束もしていたんじゃないかな。 食べ物を、「お口アーン」とか、やり合 …

永遠に届くことのないプロポーズが泣けるんです

永遠に届くことのないプロポーズが泣けるんです・・・。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会で。 お互いにどんな性格なのか、趣味が …

no image

ようやくお前に顔向けできるな

俺さ小さい頃、一人っ子で両親共働きだったから、鍵っ子って奴だった。 だからさちょっと内気で友達もできなくてさ、よく、じいちゃんの家に行ってた。 じいちゃんはさ、会社の社長でさ忙しかったけど俺が行くと絶 …

no image

父に会いたい

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に「お父さんの名前、なんて―の?」とか 「お父さんの写真、見して!」とか 「お父さん、メガネかけてたの?」とか聞いても、黙って首を …

終電での悲しい出来事

かなりのブラック企業の悲しい話です。 男子は毎日朝は6時代の電車で出勤して帰りはほぼで終電でした。 昼飯も食べる時間も無いハ―ドワ―クで休日出勤や徹夜も頻繁な会社です。 そんな毎日の終電で必ず降りる駅 …