泣ける話

戦争の悲しい話 沖縄

投稿日:

私は今、介護福祉士として働いているんだ。

妹が今度修学旅行で沖縄へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの1人が

『沖縄か…』

と暗く呟いたんだ。

その方は男性で、お年はもう80歳を超えているさ。

でもまだ元気でよく話すしよく食べるしいつも明るかったんだ。

だからそんなに暗くなったのが不思議で、何があったのか聞いてみた。

その利用者さん(以下山田さん)から聞いた話をします。

当時は戦争の真っ只中・・・。

山田さんは三人兄弟の長男として生まれたらしく、下に妹が2人居たそうだ。

小さい頃に父親が死んでしまい、女手一つで母親が育ててくれた。

しかし、生活は苦しかったらしい。

戦争も終わりに近付いた頃、沖縄の知覧で特攻隊の活動が始まった。

特攻は、爆弾を積んだ飛行機で敵の艦隊に突っ込むというものだ。

当時16歳だった山田さんは特攻隊に志願した。

死亡手当のようなものが支給されるらしく、それで母親や妹たちが幸せに暮らして行けるなら、自分が死のうと考えたのだそうだ。

16歳の少年が、だ…。

だが山田さんが特攻隊員として出撃する前に、戦争が終わってしまった。

家に帰ると、母親は山田さんを残して死んでしまっていたらしい。

命を懸けて守ろうとした人が死んでしまった。

山田さんの悲しみは想像を絶する・・・。

特攻隊員として死んで逝った人は『軍神』と呼ばれるらしいが、生き残ってしまった山田さんは近所の人から

『軍神のなりそこない』『死ぬのが怖くて逃げ出して来た』

など、散々な言われようだったらしい・・・。

山田さんはそれに耐えられず、母親の後を追って死のうとした。

しかし、まだ幼い妹が2人残されている。

だから死ぬのは思い留まって妹を立派に育てようと決めたらしい。

そうすれば母親も浮かばれるだろうと・・・。

山田さんと2人の妹は、それから力を合わせて生きて行き、妹は2人とも嫁に行った。

その後、山田さんも結婚し現在は幸せに暮らしている。

私はこの話を聞いて、勤務中だというのに涙が止まらなかった。

家に帰ってから妹に話すと、妹も号泣していた。

今、私の妹がちょうど16歳だ。

妹を見ていて思うのだが、たった16歳の少年が、家族のために死ぬなどと考えられるだろうか。

毎日食べるものや寝る場所に困らず、いつ爆弾が落とされるかという不安にも晒されず…。

幸せだと思わなければならないと思う。


戦時中の良い話
戦争を生き抜いた人は強いですね





-泣ける話
-

執筆者:

関連記事

no image

お子様ランチ

ある4人家族がいました。 30代の夫婦と2人の兄弟。1人は10歳、1人は8歳でした。 ごく平凡な家族なのですが、 10歳のお兄ちゃんは重度の食物アレルギーを持っていて、 食べ物も好きに食べられないとい …

no image

14年前

もう14年も昔の話なので、今は普通に暮しているけど、母が癌で死んだ。 しかも子供だった私達姉妹は最後まで癌だった事は知らされずに死んだ。 本当に素晴らしい人だった。たぶん一生私の中で尊敬する人だし、目 …

no image

エメラルドの指輪

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたり ある日突然、私は貴方の妹なのと言ったり、俺がこれは変だと思い、病院に行ったら、痴呆症だと言われた 俺と彼女 …

no image

父に会いたい

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に「お父さんの名前、なんて―の?」とか 「お父さんの写真、見して!」とか 「お父さん、メガネかけてたの?」とか聞いても、黙って首を …

no image

最愛の妻と生まれたばかりの子供を失った泣ける話

妻と、そして産まれたばかりの子供を失った。 もともと虚弱体質だった妻は、子供が産める身体ではなかったのだと思う。 私はそれを理解してそれでも結婚したつもりだった。 ある日、妻が妊娠を告げた。私は妻の身 …