泣ける話

おじいちゃんの認知症の悲しい話

投稿日:

大好きなおじいちゃんの悲しい話になります。

私のおじいちゃんは大正生まれです。妻である祖母が認知症になってもたった1人で介護をしていて祖母が亡くなってしばらくは1人で暮らしていたんだ。

12歳のときにおじいちゃんは我が家で同居することになった。

でもその時おじいちゃんもまた認知症になっていたんです。

私が成長していくのと反比例するかのようにおじいちゃんは1人で出来ないことが増えていった。

母は仕事を辞めおじいちゃんの介護に専念した。

両親が私にかまってくれる時間が減って私はおじいちゃんを憎むようになった。

旅行もいけない。トイレも汚れるしさ。

私の名前すらわからない人と暮らしている現実が嫌で「おじいちゃんさえいなければ」とも思った。

そのうちおじいちゃんのことを「あの人」と呼ぶようになった。

なので大学は県外の学校を選び1人暮らしをした。

だが突然・・・・「おじいちゃんが危ないかもしれない。」

母親から連絡が来て急いで実家に帰るとほっそりとしたおじいちゃんが寝ていた。

もう徘徊したり暴れたりする様子はなくとても穏やかに寝ていた。

とにかく涙が止まらなかったんだ。

「死なないで欲しい」と心から思った。

その数日後おじいちゃんは息を引き取った。

私はちゃんと知っている。
私が3歳のころ、
母が病気で入院した。

母の両親は既に他界しており私の預け先に困っていた。

するとおじいちゃんは 「たとえ5分でも○○(私)を1人にしてはいけない。何かあってはいけないから、うちに預けなさい。」

と高齢に加え認知症の祖母の介護をしていたのにも関わらず毎日子守りを引き受けてくれたこと。

私がおじいちゃんの家へ遊びに行くと言えば布団をポカポカに干し流行りのお菓子を買い、
かわいいポチ袋におこずかいを入れて待っていてくれてたこと。

そして、おじいちゃんが私のために口座を作っていてくれたことも。

まだ認知症がまだらだった時に、私が「将来海外で仕事をしたい」と言っていたのを聞いて母にお金を残すよう伝えていたらしい。

たくさん私のためにしてもらっていたのになんであの時おじいちゃんを嫌ってしまったのか今でも本当に後悔している。

伝えられるのであればお礼を言いたい。

そしていろんな話をしたい。

今年、海外赴任が決まった。
おじいちゃんが残してくれたお金で
大学院まで行かせてもらったおかげだ。おじいちゃん、本当にありがとう。

天国にいったらしっかりとお礼するね。

本当にありがとう。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

最愛の妻の10か条

最愛の妻の10か条を今でも思い出します。もう妻に会えないなんて・・・・。 今年に入って義母から、1年前事故で亡くなった妻の遺品送るねって 小包が届いたんだけど、日記が入っててさ、 いかにも女らしいもう …

no image

あの人を追いかけた

10年ちょい前かな。学生の頃、ふとしたことで出会ったコに惚れて。 しばらく付き合ったけど、学生の2人には1本の県境ですら遠くて。 ある夏の日、兄に借りた車走らせて会いに行って少しドライブして、 ゆっく …

no image

スプーンの思い出

今は立派な成人になりましたが私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。この話はつい先日、成人式の日に聞きました。 私は幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけでは …

no image

うどん屋のばあちゃん

僕は芸人です。 あれは5年前くらいの事… その頃の僕は家賃3万円のボロアパートに住み、 お金も全然なく毎日を生きるのに精一杯でした。 毎日の食費ですら僕にとってはとても大きな出費でしたので、 できるだ …

悲しい手紙 前編

悲しい話になります。前編です。 彼女とはバイトで知り合った。 彼女のほうが年上で入ったときから気にはなってた。 「付き合ってる人はいないの?」 「いないよ…彼氏はほしいんだけど」 「じゃあ俺と付き合お …