泣ける話

戦争の代償

投稿日:

こんな切ない話はあるのでしょうかと胸が締め付けられる話になります。その話は、ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
彼がビルの屋上から飛び降りしまったことを知らされた。

息のない息子と対面した両親は絶句し、泣き崩れた・・・。

もう言葉に出ませんね。あの時の一言で人生を変えてしまった・・・。いや戦争が変えたんです。

この世から戦争が無くなりますように・・・・。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お母さんの最初で最後のFAX話

お母さんの最初で最後のFAX話です・・・。 ささいな感動する話です。 今夜いきなりなんですが、弟から電話がかかってきたんです。 内容は「おふくろのことなんだけど」と弟がいってきたんです・・・。 「ねー …

母親と子供

母親と子供の話です。 泣きました・・・。 その話は近所のマンソンから、ものすごいヒステリックな母親の声が聞こえてて ウツだった。毎日のように、何かしらのことで怒って、ギャンギャン叫んでる。 子供が悪さ …

no image

悲しい運命の再会

私の友人の婚約者の話です。 彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 彼が17歳の時に、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つか …

no image

ビデオテープ

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。 それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。 俺、親父のエロビデオとかかな?なんて …

愛犬の悲しい話

11の間ずっと飼ってた愛犬がなくなったんだ。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰ってなくて世話もほとんどしなかったんだよ。そこが今でも後悔してる。 その間にどんどん衰えてたのに、あまり見ることも触るこ …