泣ける話

戦争の爪痕

投稿日:

戦争の爪痕は長く残るんだなと感じた日があります。この話は数年前に亡くなったおじいちゃんから聞いた話になります。

戦争も末期の時、陸軍飛行隊の整備兵だったじいちゃんは、
内地の飛行場にいたが、あるとき転属命令が出て
分隊ごとに整列させられて2つのグループに分けられたそうです。

同じ部隊に仲のいい同郷の先輩がいたんだけど、
その人は分けられた別の隊で、じいちゃんとは違う場所に転属になったそうです。

移動日の前夜その人が、もう会うことも無いだろうからと大事にしていた私物やお菓子、羊羹、缶詰などをたくさんくれたそうです。

後で聞くところによると、半分に分けられて別のところに行ったほとんどの方は、沖縄戦で戦死されたとのことです。
じいちゃんは大陸の飛行場に転属して終戦まで生き残りました。
あのときは人数さえそろってればいいというようなわけ方だったで、ひょっとしたら自分が沖縄に行っていたかも
しれないと言っていました。
そして、先輩の別れ際の寂しそうな顔のくせに陽気な振る舞いと
前夜もらった羊羹の味が忘れられないとも言っていました・・・。

戦争は本当に爪痕が残ります。永遠に地球上から争いがなくなるのを祈るばかりです。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「たくちゃん」って呼ばれてた先輩

その人はいっこ上の先輩で同級生、後輩からも「たくちゃん」って呼ばれてた。   初めて話したのは小学校の運動会の時。俺の小学校は全学年ごっちゃまぜで行われる。 俺は青組みだった。その中に、明ら …

no image

ようやくお前に顔向けできるな

俺さ小さい頃、一人っ子で両親共働きだったから、鍵っ子って奴だった。 だからさちょっと内気で友達もできなくてさ、よく、じいちゃんの家に行ってた。 じいちゃんはさ、会社の社長でさ忙しかったけど俺が行くと絶 …

no image

素敵な旦那様

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合ってるカップルがいました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作ってるわけじゃなく、みんなと仲良くしてました。 私は女の方の一番の友達だったんだけど、彼氏とも仲良 …

母親と子供

母親と子供の話です。 泣きました・・・。 その話は近所のマンソンから、ものすごいヒステリックな母親の声が聞こえてて ウツだった。毎日のように、何かしらのことで怒って、ギャンギャン叫んでる。 子供が悪さ …

no image

一度だけの反抗期

突然なんですが昨日4時23分に母が亡くなったんです。 風邪一つ引かない元気な母だったのに。 僕が幼稚園に入るころもう父はいなかったんだ。 借金作って逃げたらしいんだよ。 朝は毎日4時に起きて俺らの弁当 …