泣ける話

父親として最高の愛をありがとう

投稿日:

北海道湧(ゆう)別(べつ)町で暴風雪の中、凍死した同町の漁師、岡田幹男さん(53)は、長女の夏(なつ)音(ね)さん(9)の体の下に両手を回し、娘の体を守るような状態で発見されたことが4日、分かった。夏音さんは低体温症だが命に別条はない。父親が10時間以上も暴風雪から守り、体温で温めたことが娘の命を救った。

命を奪った今回の暴風雪は、強風によって雪が巻き上げられ視界が奪われる「ホワイトアウト」という現象が起きた可能性があるという。

岡田さんは3日朝、車から約300メートル離れた農業用倉庫前で、あおむけに横たわった夏音さんに覆いかぶさり、凍死しているのが見つかった。両手を夏音さんの体の下に回して抱きしめ、寒さから守るような状態だった。

捜査関係者によると、発見時に岡田さんはすでに意識がなく、岡田さんの下にいた夏音さんはうめき声を上げ、その後泣き出したという。地元消防団員は「体温を分け与えるようにかぶさっていた。夏音さんが苦しくないよう、呼吸する隙間を空けたままの姿勢だった」と話す。

岡田さんは、車の燃料がなくなり友人の家まで歩いて行くと知人に電話。その後、行方不明となり、知人が現場最寄りの地元消防に通報した。だが、隊員が出払っていて、さらに約7キロ離れた場所の他の救助隊が出動していた。

低体温症に詳しい苫小牧東病院(北海道苫小牧市)の船木上(かず)総(さ)副院長は「風雪から守られたこと、父親の体温に保温効果があったことが良かった。亡くなると体温は下がっていくので、もう少し救助が遅れたら娘も危険だった」と話す。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

地震の怖さ

地震の怖さを経験しました。わたしが16歳の1月の出来事です。 受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていたときですが・・・。 机の上においてあった参考書が触ってないのに急に落ちたんです。 溜息 …

国際結婚での息子への悲しい心

国際結婚での息子への悲しい心が・・・・。 ウチは国際結婚をしとりまんねんな。 ほんで、日本には住んでいまへんし、ましてや旦那の出身国にも住んでおらず、ウチらのルーツとは関係の無い国に、もうじき2歳にな …

no image

愛犬の最後の別れの話

愛犬の最後の別れの話になります。 実家で飼っていたムクが・・・。 白くてふわふわで、本当に可愛かった。 絶対に人や他の犬にキバを剥くなんてことはしませんでした。 3歳くらいで肝臓が悪くなり、医者に「あ …

no image

オムライス

20年前ぐらいの前の話当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。 子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。 それでもどん底だった・・・ 俺は中学卒業してすぐ働きに出た。 死 …

禁断の恋愛話

禁断の恋愛話になります。 まわりからしたらありえないと感じると思いますが・・・・。 この経験はもう何年も昔のはなしですが・・・ 一時期、実の兄と付き合っていた事がありました・・・。 元々恋なんてしては …