泣ける話

ぴんく色のかまぼこ

投稿日:

この話は大好きなおじいちゃんの泣ける話になります。

私が小学1年生の時に事故で両親が死にそれ以来おじいちゃんと2人で暮らしていたんです。
おじいちゃんは料理などできなかったけれど私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。
ご飯と納豆とかご飯と缶詰めとか。

そして食卓にはいつもカマボコが2~3切れ置いてあったんだ。
カマボコは必ず毎日食卓にあった。私はカマボコがおじいちゃんの好物だと思っていた。
中学生になり私が食事の用意をするようになっても必ずカマボコを2~3切れ食卓に出し続けた。
4年前おじいちゃんが亡くなった時霊前にカマボコを供えた。おじいちゃんの好物だと思っていたから。叔母さん(父の姉、おじいちゃんの長女)に「おじいちゃんカマボコ大好きだったから…」
と言うと「違うんだよ」と言われた。
「違うんだよ。あの人は子供が喜ぶ料理なんてつくれないから困ってたんだよ。」
「カマボコはピンク色だから女の子が喜ぶと思っていつもカマボコを用意してたんだよ。」

その他にも両親が死んで叔母さんが私をひきとると申し出た時
おじいちゃんが「俺が育てる」と言って私を離さなかった事などを聞いた。
おじいちゃんはいつもしかめっ面で寡黙でちょっとこわい人だった。
でも両親がいなくなった私に寂しい思いをさせないように一生懸命だった。
参観日に死んだお父さんの服を着て来てくれたこともあった。(サイズ合ってない)
ハンバーグが食べたいと言ったときに挽き肉を丸めて焼いただけのものが出てきたこともあった。
口にも態度にも出さなかったけどおじいちゃんはすごく一生懸命に私を育ててくれた。
ピンク色のカマボコを見るとおじいちゃんを思って切なくなる。
もちろん今でもお仏壇にお供えする品に、必ずカマボコをそえています。

本当におじいちゃんありがとう!ずっと私の心の中に生きています。

本当に本当にありがとう。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

一度だけの反抗期

突然なんですが昨日4時23分に母が亡くなったんです。 風邪一つ引かない元気な母だったのに。 僕が幼稚園に入るころもう父はいなかったんだ。 借金作って逃げたらしいんだよ。 朝は毎日4時に起きて俺らの弁当 …

no image

涙が流れない。 最後に涙を流したのは中学2年の時だ。 それ以来涙を流していない。 涙腺が強いと思っていた。 人より涙腺が強いから。 同じだけ悔しくても涙が流れない。 人より涙腺が強いから同じだけ悲しく …

no image

母親を亡くしてる

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。 それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。 親父の留守中、家に金が無いか タンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。 俺、親父のエロビデオとかかな?なん …

彼氏からの手紙

彼氏からの手紙です。 ゆいへ なあ?俺もうダメみてぇだ。 なんでだ?お前に出会うまでは 死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 なんで病気に勝てねえんだろ? 俺いつからこんな弱な …

友人との悲しい話です・・・・。

友人との悲しい話です・・・・。 その話は僕が小学校4年生の時なんですが10歳の誕生日会を開くことになった・・・。 土曜日に仲の良い友達、みんなに声かけた。「明日来てくれる?」って・・・。 みんな、「う …