泣ける話

田舎のばあば

投稿日:

短いんですが少しだけお付き合い下さい。

さっき田舎のばあばの所から帰ってきたんだ。
でさぁ・・・・ばあばはすでにボケてるみたいで俺の顔を見ると「あー、あー」とか言うんだよ。
ばあば・・・と思う俺・・・。で帰ろうとしたらばあばがまた来てさ何だよと思うとさ・・・。
その手には俺が小さい頃大好物だった鮭の皮の部分が握られていたんだ・・・。

少し泣いちゃいました。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

妻へ

まだ高校生だけどしっかり者の一人娘を遺してくれて有難う。 昨日の貴女のお通夜は寂しくないように沢山の友達連れて来てくれて有難う。 でもやっぱり寂しくて娘と声を上げて泣いてごめんね。 今日もしっかり見送 …

no image

友達にそんな話ができないことに気がついたら余計悲しくなった

23年生きてきた。 好きな仕事につけた。 理想どうりの仕事ができている訳ではないけど不満はない。 欲しい物を手に入れた。 すべての物ではないけれど満足している。 でも気付くと涙が出てきてる。しかも片目 …

no image

うちの長女が公園で出会った姉妹との話

今は中3の長女が小学校に上がる前の話 我が家の入るマンションは都営住宅が並ぶ団地と道路を隔てたところにある。 団地には公園があって、うちの子供も毎日そこへ遊びに行っていた。嫁に言わせるとある日から小学 …

no image

突然の別れ

突然先輩からメールが入った。会社の憧れでもあった今井先輩が今年限りで仕事を辞めてしまう…。 私は、戸惑いを隠せなかった…。今私は、大阪で仕事をしているのに・・・。 先輩は、埼玉に・・・。遠いですよ。し …

no image

花火の中のプロポーズ

花火の中のプロポーズの話になります。おれにはとある夏に付き合って1年になる彼女がいました。 その彼女とは中学の同級生で成人してから付き合い始めた仲です。 同窓会で3年振りの再会。お互いにどんな性格なの …