泣ける話

大切な母を失った時に感動した彼女の話

投稿日:

大切な家族の母の話を書かせて下さい。

俺には母以外の肉親,親族がいないんだ

母親だけが唯一の家族であり肉親だったんだ。

母は女手一つで俺を育ててくれた大切な家族。

大学入学後、俺は母に負担をかけたくなかったから、学費や生活費をバイトで稼いだ。

そんな俺にもやがて彼女が出来たんだ。

同い年だ。
バイトや学業が忙しくて中々遊べなかったがそれでも俺の側にいてくれた。

ところが、彼女と付き合い始めて一年半が経った頃、母が病に倒れた。

俺は母の看病やバイトに追われた。

ホントは一杯一杯だったけど彼女の前では強がってみせた。

けど母は仏となってしまった。

唯一の肉親・家族にして、俺を深く愛し慈しみ続けてくれた最愛の母。

俺は全てを失ったと思った。

人前や葬儀では平静を装ってたし彼女の前ではやはり強がってたが俺はとっくに限界に達してた。

母の看病にバイト学業に家事等で身体もボロボロだった。

そんな中、出棺も終えて一段落した頃彼女が俺の事を心配して部屋に来てくれた。

俺は平静を装い彼女を向かえた。

けど、彼女が俺の手を握ってくれた時、手の温もりが温かく、崩れる寸前の俺の心に入り込んできた。

俺は初めて泣いた。

有り得ないくらい。

痛いくらい悲しかった。

筆舌に尽くし難いくらい寂しかった。

けど、俺がしっかりしなきゃいけないから、踏ん張った。

けど、この夜、初めて彼女の前で泣いた。

子供みたいに。

彼女は俺を抱きしめ、「私がずっといるから。〇〇は一人じゃないから。」と言ってくれた。

あの言葉と温もりにどれだけ癒され救われたか解らない。
本当にありがとう。

そして母さん・・・。おれはこんな素敵な彼女に巡り合わせたよ。

今度・・・





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

雨を見て

俺はじいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。 じいちゃんが介護してた。 いろいろ大変だったみたいだけど、会話はできているようで、人が思うほど大変じゃないよって言ってた。 …

no image

母の文集

私の部屋(生まれる前は応接室だった)にずっと母の本棚がある。 母が集めている推理小説とか過去にもらった本とかがたくさん入ってて、私は特に本棚の中を開けてみたり触ったりもしなかった。 数年前、ちょっと捜 …

no image

大好きなお母さん

私の一番好きなお母さんが私の前から消えた… 幼稚園の送迎も参観も、私だけお父さんで… ある時は、おばあちゃんだった。 参観の日、私が「なんで来てくれへんだん」と怒ると、「ごめん …

no image

我が家の亭主関白の父の話

我が家の亭主関白の父の話になります。 我が家の田舎の祖母が入院してるので実家に数日戻ってきたんです。 祖母はあんまり長くないらしいと・・・。 祖父母は九州に住んでて祖父は完全に頑固一徹の昔ながらの親父 …

no image

クロの泣ける話

犬の泣ける話です。 クロ、元気か? 私と私のお布団のないそこで、どうやって寝てるのかい? ちゃんとあったかくて気持ちいいところを見つけたか? 私は今でも寝床でおまえを待ってしまうよ。 肩とふとんの隙間 …