泣ける話

涙のお味噌汁の泣ける話です

投稿日:

涙のお味噌汁の泣ける話です・・・。
6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いておいたから早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたらこう書いてあったんだ。

「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください!おねがいします・・・。」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしてしちゃったよ・・・w

昨日の夜娘が眠ったあと夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた・・・。

朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてたんだ。

本当に泣ける話です。涙腺崩壊しました。

本当に泣けます・・・・。ありがとう。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

死ぬまで忘れる事は無い暗証番号

元号が昭和から平成に 変わろうとしてた頃の話です。 当時私は二十代半ば、 彼女も同じ年でした。 付き合おうかどうかという時期に 彼女から私に涙ながらに電話・・・ 「結婚は出来ない体だから付き合えない・ …

no image

事故がなければ普通の家庭だった

俺が小学生の頃の話ですが親父が原付で乗っていて交通事故にあったんです。 事故はものすごくて頭蓋骨骨折の重体だったけどなんとか一命はとりとめたんですが・・・。 その後はもちろん大好きだった原付にも車にも …

no image

不器用な俺

俺はいつも笑ってるからって悩んでないわけじゃないし、弱音を吐かないからって辛くないわけじゃないし、 強く見えるからって強いとは限らないし、友達が多いからって独りじゃないわけでもない。 なかなか人前で本 …

no image

私が幼稚園のときに亡くなったお母さんの話

私が幼稚園のときに亡くなったお母さんの話になります。この手紙を改めてみて目頭が熱くなりました。 当時ひらがなを覚えたての私が読めるように、 ひらがなオンリーの手紙を遺してくれた。 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ …

no image

もしぼくが死んだら

一人の英国人兵士が、イラクで銃弾に倒れた。 彼は戦場に赴く前、婚約者に一通の手紙を残していた。 “もしぼくが死んだら、開封して読んでほしい”と託して。 英ランカシャー州のリー・ソーントンさんは、イラク …