泣ける話

恋愛で泣いたときのこと

投稿日:

高2の夏、僕は恋をした。
好きで好きでたまらなかった。

その相手を好きになったきっかけは、僕がクラスでいじめにあって落ち込んで、生きる意味すらわからなくなって一人教室で泣いていた時に彼女がそっと僕に近寄って来て、
「○○に涙なんて似合わないぞ。ほら、笑いなよ!
私、笑ってるあんたの顔好きだよ。」
といってくれた。

それからは僕は、いじめられてもずっと笑ってた。
泣くこともやめた。そうすると次第にいじめもなくなって気がつけば友達もたくさんできていた。あのときの僕を救ってくれたのは間違いなく彼女の一言だった。

それ以来ずっとずっと彼女を想い続けて気がつけば高校の卒業が近づいていた。その間何度も何度も告白しようとした。でも好きだから、好きすぎたから失うのが恐くて実行はできなかった。しかし、卒業が間近になってようやく覚悟を決めた僕は卒業式の日に彼女に告白することを決心した。

そんな卒業式の三日前の朝、いつものように彼女におはようを言おうと思って教室を見回したが彼女の姿はない。
入試も近いし、今日は休みなのかと気を落としていた。

そのとき担任の先生が暗い顔をしながら教室に入ってきていきなり僕たちにこう告げた。
「××さん(彼女の名前)が昨日、学校の帰りに車にはねられ意識不明になり、今朝病院で亡くなりました・・」と。

何を言ってるのかわからなかった。状況が理解できない僕はみんなが泣いてる中で泣くことすらできなかった。
そしてお通夜の日、棺おけの中にいる清められた彼女の姿を見た時になってようやく涙がこみ上げてきた。

祭壇目をやると彼女の写真が目に映った。
彼女は笑ってた。そのときふと彼女が僕に言ってくれたあの言葉を思いだした。僕は笑った。他の参列者の目には人の死を前にして笑顔を浮かべる僕はどう、うつっただろうか?
それでも僕は彼女の写真を見ながら笑った。

彼女の死から2年がすぎ、クラスで同窓会をした。
その時にクラスの女子から高校のとき、彼女が僕を好きだったという事を教えられた。
僕はその瞬間初めて泣いた・・。声をあげて泣いた・・。
それからまた僕は笑った・・。

 





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

双子の妹の面倒は俺が見てる

俺には双子の妹が居て、俺の親父は仕事が忙しいし、母親は看護士だから朝早く家を出て夜遅く帰ってくる。 だから、双子の妹の面倒は俺が見てる。 妹との年齢差が 12歳もある。 んでさすがに両親も妹達とゆっく …

no image

希望

某所に手のつけられない荒くれの死刑囚がいて看守達もほとほと手を焼いていた。 そこで、神父様が呼ばれた。 その神父様、なかなか良く出来た人で、彼と独房で会う時に、 聖書の中に小さな紙切れをしのばせていた …

no image

オムライス

20年前ぐらいの前の話当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。 子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。 それでもどん底だった・・・ 俺は中学卒業してすぐ働きに出た。 死 …

no image

お母さんの味噌汁

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当がいる時は、母さんががんばって 作ってくれていた。 でも、小学校6年の時の遠足で、 見た目が悪い、 …

自分自身に生きてていいのかとか感じたことはないですか?

自分自身に生きてていいのかとか感じたことはないですか? 私は先天性で障害のある足で生まれたんです・・・。 本当に親を恨んだ時期もあります。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスにおわ …