泣ける話

引っ越しでの泣ける話

投稿日:

引っ越しでの泣ける話になります。
大学を卒業し就職が決まり、一人暮らしのアパートを引っ越すことになったんです。
友人数人と電車で1時間半ぐらい離れた実家から姉が手伝いに来てくれたのだがなぜか姉はデカイ荷物を持ってきたんです。
「ん???」と思いつつ作業を開始し、昼飯時。コンビニや食べ物屋に行くのも大変な田舎のことです・・・。

しかし俺は見栄はって仕出屋に寿司の出前を頼んでおいた。友人らには大好評です。
夕方前には引越し終了しました・・・。新居でひとまず落ち着いて、友人らも帰っていったんだ。

だが、最後まで残っていた姉が、例のデカイ荷物をもったまま帰ろうとするんです。
「あれ?そんなでかい荷物をまった持って帰るん?引っ越し祝いか何かじゃないのか?」と問い詰めても言葉を濁すばかりで・・・。

じれったくなってむりやり荷物を奪い中身を見ると――大量のオニギリだったんだ・・・
「引越しで台所も片付けてるし、みんなお昼に食べるものないだろうと思ったんだけど・・・・。

すごいお寿司とか出てきたから、出しにくくなっちゃった・・・」

恥ずかしそうに苦笑する姉・・・。俺は泣きそうになったんだよ。
あんな重い荷物をわざわざ1時間半もかけて電車に揺られもってきてくれた姉が・・・。

もちろんその後オニギリは全部ひきとって、ラップにくるんで冷凍保存し、一週間かけて全部食べたんだ。
あんなに最高にうまいおにぎりは初めてだった・・・。

でもでも涙の味がしたな・・・・
ありがとう・・・・。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子 …

no image

言葉の暴力は本当に一番つらい

言葉の暴力は本当に一番つらいんです。それを我が息子が一番感じてるとなると・・・。 10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。 知能レベルは年齢平 …

戦争の悲しい話 沖縄

私は今、介護福祉士として働いているんだ。 妹が今度修学旅行で沖縄へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの1人が 『沖縄か…』 と暗く呟いたんだ。 その方は男性で、お年はもう80歳を超えてい …

no image

いってらっしゃい

2年前に私の父は亡くなりました 私が小学校4年生くらいのときから 父は東京に単身赴任していました ゴールンデンウィークや夏休みなど 大きい休みには必ず帰ってきました その時には私はいつも空港まで 迎え …

no image

最高のおかん

俺の家は貧乏だったんです。 運動会の日も、授業参観の日さえもオカンは働きに行っていた、そんな家だった。 そんな俺の15歳の誕生日、オカンが嬉しそうに俺にプレゼント を渡してくれた。 ミチコロンドンのト …