泣ける話

ばあちゃんがお母さんのように育ててくれたのに

投稿日:

ばあちゃんがお母さんのように育ててくれたのに・・・。
小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていたんだよな・・・・。
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいないから当然1人。遊ぶ人もいない・・・。
いつしか俺はノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていたんだよな。
それをばあちゃんに見せては
「ここでモンスターが出るんだよ!!!!」
「ここに止まったら三回休みだから~」
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれるんだ。本当にうれしかった。。。。
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていたんだよ。
やがて俺にも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたころにさ・・・。
家の事情も解消され、自分の家に戻ったんだ。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていてさ・・。
「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでくれたんだ。 先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だったよ。
遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。
開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあったんだ。
モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとかさ・・・。
妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していたんだ。
最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に 「義弘くんに友達がいっぱいできますように」 人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした・・・・。
ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。
本当にお母さんのように育ててくれてさ・・・・。
ありがとう・・・。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね 私が産まれて時、あなたは泣きながら喜んだんですね 私が一歳の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね 借金を返すために昼はパート夜は居酒屋で …

no image

おじいちゃんの2回目のプロポーズ

この話は悲しい話ではありますが感動します。見てください。 僕のおじいちゃんは、某有名大学出身でとても頭も賢く、運動神経も抜群で、小さい頃はよく勉強やスポーツなど、色々とおじいちゃんに教えてもらっていた …

no image

サッカーオウンゴール

知的障害をもった子がサッカー部にいてな でも皆から邪険にされず(それでも子どもの障害者意識みたいなものはあったけど)仲良くしてて そいつはゴールがどっちかもわからないのにがんばってて・・・ ある日接戦 …

no image

ヘソクリ

大学進学のため、上京して一人暮らしをしている俺のアパートに 母が来た。 相変わらず口うるさく、イロイロ言うのが、ウザくて いる間中、小さい口げんか状態だった。 いよいよ帰る日、駅のホームで見送ることに …

競馬の泣ける話 グッバイマイライフ

競馬の泣ける話になります。 グッバイマイライフが勝利したレースは生涯2勝だけである。 それも重賞ではない普通のレースでの2勝だけである。 ただ、その2勝がどんな重賞よりも大きな意味をもった勝利だったの …