泣ける話

お母さんの味噌汁

投稿日:

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。
なので料理は基本的に父が作っていた。
でも遠足などで弁当がいる時は、母さんががんばって
作ってくれていた。
でも、小学校6年の時の遠足で、
見た目が悪い、母さんの弁当、を友達に見られるのが嫌で
とうとう「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当は
いらない!!」 と言ってしまった。
母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくて
ごめんねとしか言わなかった・・・・。
時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは
給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。

しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を
作ると言い出した。 遠足の時に作ってくれたものとは
味も見た目もよくなっていた。
不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。
と、思ったのもつかの間。
肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。
弁当を作り始めてから3ヶ月しかたたぬうちに・・・。
母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは
俺のために、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を
習いに行っていたらしい。

そして後日、その定食屋に行ってみた。
定食屋のおばちゃんと俺は直接のかかわりはない
けど、やさしそうな人だった。
そして母がよく弁当に入れていたメニュー、
ハンバーグ。それの定食を頼んだ。
そして、それを口にしたとたん、ぼろぼろと
涙がこぼれてきた。

たった3ヶ月しか食べられなかったけど、
たしかに母さんのハンバーグの味にそっくり
なのだ。 腕がまともに動かせないのに、がんばって
作ってくれた、あのハンバーグの味。
形は少し不細工だったけど、とてもおいしかった
あのハンバーグの味。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

父親と娘の泣ける話

この話はかなり悲しい話です。 上司が3年間交際した末にバツイチどうしで再婚した。 嫁さんには小学校低学年の連れ子が居た。 時々、この娘がなつかないんだよなあ、とこぼしていたものだ。 それでも幸せそうな …

no image

オムライス

20年前ぐらいの前の話当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。 子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。 それでもどん底だった・・・ 俺は中学卒業してすぐ働きに出た。 死 …

no image

消防士の親父は俺のヒーローです

この話は消防士をしていた俺のヒーローの話です。 そう・・・オレの親父は、消防士だった。 いつなにがあってもおかしくない仕事だから、よく母に 「オレに何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 っ …

競馬の泣ける話 グッバイマイライフ

競馬の泣ける話になります。 グッバイマイライフが勝利したレースは生涯2勝だけである。 それも重賞ではない普通のレースでの2勝だけである。 ただ、その2勝がどんな重賞よりも大きな意味をもった勝利だったの …

no image

人生で2番目に泣いた話

中学3年生になり私は卒業旅行先であるTDLに行きました。 クラスメイトの女子は皆違う小学校の子で、私の出身した小学校の子は男子が3人、女子は私1人だけでした。 TDL自体はとても楽しいところで、すっか …