泣ける話

母の炊き込みご飯

投稿日:

俺は小学生の頃に母の作った炊き込みご飯が大好物だった。
特にそれを口に出して言った事は無かったけど母は判っていて
誕生日や何かの記念日には我が家の夕食は必ず炊き込みご飯だった。

高校生位になるとさすがに「又かよっ!」と思う様になっていたのだが
家を離れるようになっても、たまに実家に帰ると待っていたのは母の
「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」の言葉だった・・・

会社に電話が来て慌てて向かった病室には既に近くの親戚が集まっていた。
モルヒネを打たれ意識の無い母の手を握り締めると母の口が動いた。
何かを俺に言いたそうだった。母の口元に耳を近づけると
「炊きこ・・・たよ。たくさ・・・・さい」と消え入りそうな声で言っていた。
それが最後の言葉だった。

「ママの作ったスパゲッティー大好き!」口の周りを赤くして
スパゲッティーを食べる娘とそれを幸せそうな目で見つめる妻を見る度に
母の炊き込みご飯が食べたくなる。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

この話は私の尊敬する上司の生きざまを感じた話になります

この話は私の尊敬する上司の生きざまを感じた話になります。 私の前の上司は無口、無表情。雑談には加わらずお酒も飲まずに人付き合いをしない堅物でした。 誠実公平どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが …

no image

私は人を信じません

私は人間を信じません。 なぜなら私は、3歳で親を亡くしました。 私には、小さいころから兄、姉もいません。もちろん親も・・・。 私は、親戚に育てられました。 感情なんて出せませんでした・・・。 その人が …

no image

特攻隊

お母さん、とうとう悲しい便りをださねばならないときがきました。 晴れて特攻隊員と選ばれて出陣するのは嬉しいですが、 お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私をたのみと必死でそだて …

no image

父と猫のみぃ

父が棺おけに入った夜の悲しい話。 家族だけの最後の夜・・・。 棺おけの上にねこのみぃは乗り、一生懸命父の顔の見える扉を開けようとしていたんです。 砂を掘るように一生懸命あけようとしていたみぃ・・・。 …

no image

がん宣告された夫からの手紙

がん宣告された夫からの手紙です。今でもこの手紙を見るたびに涙が止まりません。 私の妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたんだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那がいなく …