泣ける話

自衛隊の駐屯地

投稿日:

2年前旅行先での自衛隊の駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」

団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」

少女「で、何しにきたんや?」

団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」

少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

団体「・・・・?」

少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
あんたらにわかるか?
消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。

団体は撤退。

彼女は門をくぐった時に守衛さんが、彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

そばにいてくれてありがとうね

一週間ほど旅行に行って帰ってくると猫がいなかった。 親に聞くと、私が旅行に出た日にいなくなったそうだ。 心配していると次の日、帰ってきた。 でも、ぐったりしていて、病気だという事はすぐに分かった。 獣 …

ばあちゃんがお母さんのように育ててくれたのに

ばあちゃんがお母さんのように育ててくれたのに・・・。 小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていたんだよな・・・・。 当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいないから当然1人。遊ぶ人もいない・・ …

癌で死ぬ怖さより1人娘が心配

癌で死ぬ怖さより1人娘が心配。余命宣告を受けました・・・・・。ぶっちゃけて、俺はもうすぐ死ぬ。末期だからって医者も自由にしなさいってさ。 余命宣告で半年が精一杯だって。俺には娘がいるんだ。 今年で10 …

no image

父と猫のみぃ

父が棺おけに入った夜の悲しい話。 家族だけの最後の夜・・・。 棺おけの上にねこのみぃは乗り、一生懸命父の顔の見える扉を開けようとしていたんです。 砂を掘るように一生懸命あけようとしていたみぃ・・・。 …

no image

戦時の恋愛観

大叔母っていうのかな、うちの祖母の姉妹なんだけど、ずっと独身のおばあさんがいるのよ。 過去には何度もお見合いをしたんだけど、全部断ったということ。 なんでも戦争中海軍の将校と深い仲になったんだけど、そ …