泣ける話

プロ野球のチケット

投稿日:

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。
学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。
それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。
給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。
俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。
母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。

チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われ、
帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外のベンチで弁当を食べて帰った。

電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。
結婚もして、母に孫を見せてやることもできた。

そんな母が去年の暮れに亡くなった。
死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように「野球、ごめんね」と言った。

俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

母親をおれが・・・。

中三の頃、母が死んだ俺が殺したも同然だった・・・ あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを母が弟に食べさせてしまった・・・。 学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つからなかった母親に …

no image

思い出の煙草の話

思い出の煙草の話 煙草を吸い出してから田舎に遊びに行った時なんだけどいつも帰る寸前は軒先で吸っていました。 それを見ていた家の叔母ちゃんが、「そこで吸うと美味しいかろ爺さんも父さんもそこで煙草吸ってか …

no image

母の最初で最後のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。「どうしても駄目?」 「今大事な時期だから。就職決 …

18日しか生きれなかった娘の悲しい話

18日しか生きれなかった娘の悲しい話です。 こんな親不孝者をお許しください。 私は些細なことで親と喧嘩をして「出て行け」と言われ家を飛び出してしまいました・・・。 その年月は6年もの間に・・・。 そし …

no image

俺が殴ってやるよ

田舎の祖母が入院してるので実家に数日戻ってきた。 祖母はあんまり長くないらしい。 祖父母は九州に住んでて祖父は完全に頑固一徹の昔ながらの親父って感じ。 男子厨房に入らずを徹底して、晩酌は日本酒(必ず熱 …