泣ける話

声を聞かせて下さい

投稿日:

15年前の話です。

今でもそうだが人付き合いの苦手なオレは、会社を辞め一人で仕事を始めた。
車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取付の仕事。

当時まだ携帯電話は高価で、俺は仕事の電話をポケベルに転送し、留守電を聞いてお客さんに連絡するという方法しか取れなかった。
生活さえギリギリだった。

ある日 母親が九州の実家から関東の俺の家まで訪ねてきた。
遠くから来た親をいたわることもせず、無愛想な俺、ホントにバカだ。
俺を心配し、掃除、洗濯 料理を作り山ほど食糧を置いて母は帰郷した。
バカ息子は見送りもしない。

仕事から帰宅した俺は母の手紙を見つけた。

「仕事頑張って下さい、少しですがこれで携帯電話でも買って声を聞かせて下さい。」

手紙にはお金が同封されていた。
手紙を手に俺は、わあわあ泣いた。

カメラやメールなんて出来ない。メモリーも50件しか入らない初期の電話。
でもこの電話にどれだけ助けられただろう。俺には最高の宝物。

母の日に電話を送った。ちゃんとお礼をいわなければ。
「おかあさん どうもありがとう」と。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ガイドブック

東京で単身赴任してたとき、連休とかにはいつも嫁が来て、家のことなどしてくれていた。 母にも、たまには東京来いよと言ってたんだけど、人混みが苦手だと決して来なかった。 そんな母が脳梗塞で突然死んじゃって …

no image

14年前

もう14年も昔の話なので、今は普通に暮しているけど、母が癌で死んだ。 しかも子供だった私達姉妹は最後まで癌だった事は知らされずに死んだ。 本当に素晴らしい人だった。たぶん一生私の中で尊敬する人だし、目 …

no image

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね 私が産まれて時、あなたは泣きながら喜んだんですね 私が一歳の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね 借金を返すために昼はパート夜は居酒屋で …

no image

女手一つで俺を育ててくれた母が死んだ

母が死んだ。 43歳だった。 10日まで元気だったのに。急に逝ってしまった 11日の朝、いつもみたいに御飯作って母さん起こして「ごはんできたぞ」と でもいくら呼んでも返事がなかった。いつも文句言いなが …

no image

母のガイドブック

東京で単身赴任してたとき連休とかにはいつも嫁が来て家のことなどしてくれていたんだ。 母にもたまには東京来いよと言ってたんだけど人混みが苦手だと決して来なかったんだよね。 そんな母が脳梗塞で急きょ突然死 …