泣ける話

生きていることの素晴らしさ

投稿日:

前に載っていた『たかし君』のクラスメイトだった者です。
4年前、当時小学6年生の11月のこと。貴嗣君は亡くなりました。突然の別れでした。
お葬式には、学校を抜けて6年生みんなで行きました。特別仲良かったわけではないけれ
ど、棺桶に入った、真っ白で冷たく眠っている貴嗣君を見たら、どうしようもなく涙がこみあげてきました。前まで元気に学校に来てたじゃない!どうして?どうして!?
初めて人の「死」を間近に見たときでした。お葬式の最中、『believe』を泣きながらみんなで歌いました。友達を大切にしていた貴嗣君にぴったりの歌です。
帰り道には、みんな涙でぐしゃぐしゃになっていました。
それから…私達の学年は、『心の優しい学年だ』と中学を卒業するまで言われ続けました。
それも貴嗣君のおかげです。友達の大切さ、生きていることの素晴らしさなど、たくさん、たくさん教えてくれたのです。
今、私はもうすぐ高校2年生になろうとしています。小学校からの友達はバラバラになってしまったけれど、貴嗣君のぶんまで、頑張って1日1日を大切に生きていきたい。
貴嗣君、本当にありがとう。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

人生の中で一番泣いた話

泣ける話がどうかはわかりませんがと、 私が21年の人生の中で一番泣いた話と二番目に泣いた話です。 文才がなく長文ですみません。 私の通っていた小学校は校区が広く、住んでいる地区によって中学校区が異なる …

no image

戦時中の沖縄での話

戦時中の沖縄での話になります。 本当に悲しく泣きました。 私の叔父さんは自然の洞穴を利用して作った壕の中にいたそうです。 他の住民、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていたそうです。 しかし …

no image

ミルクのど飴

数年前に亡くなった私の祖父は、とても無口な人でした。 よく口を「へ」の字にして、腕を組んで座っていたせいか、親戚の子供たちからは「怖いお じちゃん」と呼ばれ、「おじちゃんがいるなら遊びに行かない」とま …

no image

自衛隊の駐屯地

2年前旅行先での自衛隊の駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。 その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。 少女「あんたら地元の人間か?」 団体「私達は全国から集まった …

no image

義母

私には、お母さんが二人いた。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は…… 私の17歳の誕生日に母が継母であったことを聞かされた。 私を生んでくれたお母さんは、産後すぐに亡くなったそうだ …