泣ける話

さよならおばあちゃん

投稿日:

朝の4時に姉から電話がありおばあちゃんが死んだと泣いて言ってきた。

前に会った時わホントに苦しそうで喋っても全然話せないくらい弱っていた。

おばあちゃんが死んだと聞いて絶対嘘やろと思いながらお父さんと姉が車で迎えにきたそこにわ持病のあるお母さんもいて弟もいた皆泣いていてここでやっと実感した。

それから病院につきおばあちゃんの顔を見た泣き崩れた。手わ冷たくて顔わ目を閉じて青ざめていた。

泣いて泣いて泣いて自分わもっと顔を出せばよかったと思った気ずいた時にわ遅かった

お母さんが病気でいつもばぁちゃんが家事をしていたそんな頑張っていたおばあちゃんがホントに大好きでした。

ホントにありがとう感謝しています。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

猫の泣ける話です

猫の泣ける話です・・・。 今年のゴールデンウィーク明けの頃のことです。 前の日から上司の機嫌が悪くて八つ当たりばかりされてたんです。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、基地外呼ばわ …

no image

ママと踊ろう

もう10年も前の話 妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まさ …

no image

「たくちゃん」って呼ばれてた先輩

その人はいっこ上の先輩で同級生、後輩からも「たくちゃん」って呼ばれてた。   初めて話したのは小学校の運動会の時。俺の小学校は全学年ごっちゃまぜで行われる。 俺は青組みだった。その中に、明ら …

no image

おふくろ

小学生の頃住んでいた家に帰る夢を見た。 懐かしくて、嬉しくて、玄関を開けて「ただいま~!お母さん、ただいま~!」って叫んだよ。 家の中に入ると、台所に小学生の頃、髪の黒いお袋が夕飯を作りながら「おかえ …

no image

パン粥

親父が糞だったからいつもひもじい思いをしていた。 一日の食事で一番豪華なのが給食で、給食で残ったパンをほぼ毎日貰って帰っていた。 持ち帰ったパンは翌日お袋がパートに持って行って昼飯にしてた。 月末で金 …