泣ける話

母のおにぎりは最高だ

投稿日:

私が小学校6年の時に家をでて、居場所のわからなかった母に、祖母の葬式の時、22年振りに顔をあわせました。
その時、母の家に遊びに行く約束をしたんです。

その日は、私が料理を作りました。
ハンバーグと肉じゃがと、簡単なサラダです。
2人で食事をして、お酒を飲んで、はじめはあたりさわりのない話しをしてましたが、だんだん、「何故いなくなったのか?」という話しになりました。
母はたんたんと話します。
私も、母がつらくならないように、途中、冗談を入れながら、聞きました。

帰る時、「今日はおかあさん、なんもできひんかってごめんな。」と、
言ったので、私は「ほな、残ったごはんで、おにぎり作って」と言いました。
母は、「そんなんで、ええんか」と笑いながら作ってくれました。

帰り、駅からタクシーに乗りました。
今日のことを思い出しているうちに、不覚にも涙がててきました。
運転手さんがびっくりして、「気分悪いんか?」と聞かはりました。

私は、「いえ、なんか、嬉しくって、泣けてきちゃったんです」と、
泣き笑いしながら、運転手さんに、今日の事を短く話しました。
すると、運転手さんも一緒に泣き出してしまいました。
「よかったな、よかったな」と鼻水まですすってました。

家に持って帰ってきたおにぎりは、冷凍庫にいれて、元気のない日に一個づつ、大事に大事に食べました。本当にありがとう。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

戦争の爪痕

戦争の爪痕は長く残るんだなと感じた日があります。この話は数年前に亡くなったおじいちゃんから聞いた話になります。 戦争も末期の時、陸軍飛行隊の整備兵だったじいちゃんは、 内地の飛行場にいたが、あるとき転 …

no image

猫のみぃ

父が突然亡くなった。 うちの猫のみぃは、父の行く先行く先についてく猫だった。 「いつも俺の後をついてくるんだ。俺の護衛なんだ。」 と生前父は少し自慢げに言ってた。 父の亡骸が、病院から自宅に帰ってきた …

no image

あなたが生まれてきてくれた事は、私の人生で一番の幸せだったよ

私は母親です。 出産後、まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児がんの中でも難しい症例で、1歳の誕生日を迎える事は難しいだろうと言われました。 厳しい闘病生活も、何も知らない …

no image

台風とタクシーの話

この話を見ると心がほんわかした気分になります。 タクシーの中でお客さんとどんな話しをするか、 平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話しになります。 今日の福岡は台風11号の余波 …

no image

強がりなばぁちゃん

弱音を吐く姿なんか見た事ないうちのじいちゃんとばあちゃん。 じいちゃんが癌で入院して、ばあちゃんは毎日病院に行ってた。 私はお見舞いのために久々に実家に戻った。 病室で見たじいちゃんは見違えるほど痩せ …