泣ける話

難病を宣告された父との最後の家族写真

投稿日:

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。
見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて、「それほど持たないだろう」と言われ、入院前に「今生最後の写真はせめて家族と・・・」と撮った写真らしかった。

俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。
当の父はというと、どっしりと腹をくくったと言う感じで、とても穏やかな表情だった。母がその写真を病床の父に持って行ったんだが、その写真を見せられた父は特に興味も示さない様子で「その辺に置いといてくれ、気が向いたら見るから」とぶっきらぼうだったらしい。

母も、それが父にとって最後の写真と言う事で、見たがらないものをあまり無理強いするのもよくないと思って、そのままベッドのそばに適当にしまっておいた。

しばらくして父が逝き、病院から荷物を引き揚げる時に改めて見つけたその写真は、まるで大昔からあったようなボロボロさで、家族が写っている部分には父の指紋がびっしり付いていた。

普段もとても物静かで、宣告された時も見た目普段と変わらずに平常だった父だが、人目のない時、病床でこの写真をどういう気持ちで見ていたんだろうか。

お盆になると、その写真を見ながら父の思い出話に華が咲く。
祖父、祖母、母、妹、俺・・・。

その写真の裏側には、もう文字もあまり書けない状態で一生懸命書いたのだろう。崩れた文字ながら、「本当にありがとう」とサインペンで書いてあった。

この話めちゃくちゃ泣けました・・・・。お父さんは強くて素敵な方だったんでしょうね。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

お弁当

ものすごく悲しい話になります。この話を見て号泣しました・・・。 その話ですが、遠足の日お昼ご飯の時間になり、子供たちの様子を見回って歩いていた時、向こうの方でとても鮮やかなものが目に入ってきました。 …

no image

希望

某所に手のつけられない荒くれの死刑囚がいて看守達もほとほと手を焼いていた。 そこで、神父様が呼ばれた。 その神父様、なかなか良く出来た人で、彼と独房で会う時に、 聖書の中に小さな紙切れをしのばせていた …

no image

お母さんの味噌汁

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当がいる時は、母さんががんばって 作ってくれていた。 でも、小学校6年の時の遠足で、 見た目が悪い、 …

no image

この話はおじいちゃんの感動する話

この話はおじいちゃんの感動する話になります。 我が家のおじいちゃんは手足が不自由でトイレも1人では厳しいんです。 いつもはおばあちゃんが下の世話をしてたんです。 おばあちゃん以外が下の世話をするの嫌が …

no image

母さんごめんね

もう十年位も前の話になるけど。 当時、社会人2年目だった俺は実家から遠く離れて一人暮らしをしてた。 そのとき始めたばかりのスノボで、調子に乗って鎖骨を骨折してしまった。 病院へ運ばれたら手術が必要だと …