泣ける話

お前の最期

投稿日:

いっぱいの幸せをありがとう。
私は幸せ者だ。
だって最期にあなたの顔を見れたから。
これも日頃のなんとやろなのかな?

病室のベッドで手を握りながら彼女は言う。

最期ってなんだよ。
お前は死なない、そうだろ?

泣きながら返す僕を見て笑いながら

○○前言ってたよね?
私が先に死んだら俺も後追うよって。

震えた声で彼女が言う。

あぁ、すぐに行くから先行って待っててな!

俺は本気で返した。
彼女がいない世界なんてきっと色のない世界と同じだと思うから。

ありがとう。
でも、絶対に来ないで。
その言葉が聞けただけで私は満足だよ。
あぁ、幸せだなぁ。
いい?
あなたは絶対に違う人を見つけて幸せになってね?
私の事は忘れて下さい。
大好きなあなたの足枷にはなりたくないの。
絶対に私の後を追わないで!!
約束しないと化けて出ちゃうよ?(笑)

返事が出来なかった。
ここで返事したら彼女がもうすぐ死ぬ事を認めてしまうようで怖かった。
頭では理解してるつもりだが本当に認めたくなかったのだ。

ゆーびきーりげーんまんうーそついたら…

そうかすれた声でいいながら彼女は天国へ旅立ちました

あれから2年

好きな人は出来ないや。

だってお前じゃなきゃ意味ないもん。

お前とじゃなきゃ楽しくないもん。

でもな、後を追おうと思ったけど約束守って追わなかったよ。
俺まで死んだらお前との思い出がこの世界から消えてしまうから。
辛いよ、毎日本当に辛いよ。

いつかは俺もそちらに行きます。
その時はいっぱいいっぱい話しようね?
いっぱいいっぱい抱きしめて
いっぱいいっぱい頭なでて
いっぱいいっぱいキスをしよう。

幸せをありがとう。
あとすこし頑張って這いつくばってでも、生きてみます。





-泣ける話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

おじいちゃんが一緒に走ってくれていたのかもしれません

私は、小さい頃からずっと何をするにもおじいちゃんと一緒でした。 友だちに遊びに誘われたら、家にきてもらって竹馬を教えてもらったり、竹とんぼを作ったりと現代の子どもたちがなかなか教えてもらえないようなこ …

no image

テトリス

オイラが4才の頃に親父が事故で他界し、女手一つでオイラと妹を育てて来てくれた母親。 パートを3つ掛け持ちし、 それこそ身を粉にして、 睡眠時間を削り育ててくれました。 オイラは母の苦労がわかっていたの …

no image

息子が遊ぶおもちゃの先端で主人の左目が失明した泣ける話

主人は3年前に左目を失明した 義眼を入れているので、見た目は言われなければわからない その失明した原因は当時1歳7ヶ月だった息子とじゃれあって遊んでいた時 おもちゃの先端が主人の左目に運悪く刺さってし …

久々に実家に帰宅したときの泣ける話

私の学生時代の感動話しになります。 その学生時代ですが、書類の手続きで1年半ぶりに実家に帰った時のことの話です。 本当は泊まる予定だったんですが・・・。 私は次の日に遊ぶ予定が入ってしまったので結局日 …

怒る理由に隠された優しさの感動話

新入社員や転職をしている人に見て頂ければと思います。 この話は上司の厳しい言葉の裏に隠されたやさしさのある話になります。 新入社員でIT企業に入社3年目のTさんの話です。 彼は営業部に配属されて、忙し …