ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんが背番号を66を変えなかった理由

ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんが背番号を66を変えなかった理由が ソフトバンクに所属していた斉藤和巳さんは当時、剛速球に切れきれの球を投げてソフトバンクエースに成長した投手になります。その投手 …

2人を引き裂く悲しい恋愛話

2018/02/12   -恋愛
 

2人を引き裂く悲しい恋愛話です・・・。 友達の遠距離恋愛の悲しい話になります。 二人はわたしと同じ大学の良き友達でした。 就職してからは遠距離恋愛でした。 青森県と熊本県でした・・・。 彼の仕事は営業 …

遠距離恋愛の感動話

2018/02/11   -恋愛
 

わたしの彼氏は二歳年上です・・・。 東京都内で働いていた時、同じ職場で出会いました・・・。 新卒で入社して三カ月ほど経ったわたしに声を掛けてくれた先輩・・・。 すぐに打ち解けて、初めて2人で食事に行き …

震災時の家族の泣ける話

2018/02/10   -泣ける話
 

結婚当初、姑と上手く噛み合わなくて会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくで良く大声で笑う、実のお母さんに比べて 足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は、喜怒哀楽を直接 …

おじいちゃんは戦争の話が嫌いでした

うちのおじいちゃんは戦争の話が嫌いでした。 うちがほたるの墓や、ビルマの竪琴を読んでいるのを見つけると・・・・。 悲しそうな顔でうちに、「知らない事が幸せなのに」と呟いていました。 去年の今ごろにおじ …

戦争がこの世から無くなりますように

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持ちで観に行ったのですが、そこに …

戦争の悲しい話 沖縄

私は今、介護福祉士として働いているんだ。 妹が今度修学旅行で沖縄へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの1人が 『沖縄か…』 と暗く呟いたんだ。 その方は男性で、お年はもう80歳を超えてい …

戦時中の泣ける話 切ない恋心

たかしへ たかしが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょうか。 娘も、こんなに大きくなって・・・。 たかし、見ていてくれていますか? あの時、私はたかしに言いました。 「お国のために、立派 …

おじいちゃんの戦時中の泣ける話

2018/02/05   -泣ける話
 

おじいちゃんの戦時中の泣ける話です。 おじいちゃんが満州に行っとったことは知っとってんけどシベリア行きが確定してもうた時に、友達と逃亡したのは知らなんだ・・・。 何でも2、3日は友達たちと逃亡生活を過 …

国際結婚での息子への悲しい心

2018/02/04   -泣ける話
 

国際結婚での息子への悲しい心が・・・・。 ウチは国際結婚をしとりまんねんな。 ほんで、日本には住んでいまへんし、ましてや旦那の出身国にも住んでおらず、ウチらのルーツとは関係の無い国に、もうじき2歳にな …