恋愛

素直になれない恋愛

投稿日:

素直になれない恋愛、苦い私の恋愛話です。
私は今年の5月まで付き合っていたんです・・・。
料理が好きで、調理場でバイトしていたんです。
私たちが付き合い始めのころの話ですが、私が作った味噌汁に溶け残りの味噌が固まって入ってたことがあったんです。
飲み終えてから気づいて、恥ずかしさから・・・
「どうして早く言わないのさ!?」
と怒った私に
「好きな人が作ってくれたものはみんな美味しいんだよ(笑)」
って言ってくれたんです。優しかったんです。
しかも彼は、よくおいしい料理を作ってくれた。
私よりかなり上手で最高な彼。
私の料理がまずければ正直に「まずい」と言うようになった彼。
「料理が上手になってほしいから・・・」
ってさ。
でも・・・料理するたびに文句を言われるから、
『長く付き合うと、やさしくなくなるんだな・・・』
なんて思って、せがまれても作らなくなったんです。
彼とは5月に別れたんです。
彼のことをすきかどうか分からなくなってさ。
でも彼は、優しかったんです。
彼から別れをきりだしたんです。
私の気持ちに気づいていると思わなかったんだ。
次第に冷たい態度をとっていってたんだと思うんだ。
自分の鈍感さに、非道さに気づいて泣いたんです。
何度も謝ったけど、彼への仕打ちは消えないんだ。
好きな気持ちが離れていくのを、彼はずっと気づいていた。。。。
どうすることもできずに・・・いつものように振舞って、ついには自分から私を手放したんだ・・・。
望んでないのにさ。
私よりずっとキツイ仕事をしているのにさ。
通ってきてくれてさ、、、。
料理を作ってくれてさ。。。。
愛してくれたんです。
思えば、別れの数ヶ月くらい前からになるんだけど・・・。
「俺のこと好き????」
って聞くようになったんだ。
冗談のつもりで「嫌い」って、私は・・・・。
寂しそうな顔は演技だと思ってたんだ。
今になって思う。あれは本気だなと。
まずくても、不恰好でも、それでも私の手料理が良かったんだよね・・・。
彼より下手で、それを気にする私に、料理を教えようとして正直な感想を述べててくれてたんだよね???
なのにそのことに気づかずさ。
努力もせず、手伝いもしないでご飯を作ってもらってたんだ。
ろくにお礼も言わなかったし。
今更遅いけど、ごめんね・・・。
こんな女が最初の彼女でごめんね・・・。
こんな私を愛してくれて、本当にありがとう・・・。
料理をすると彼が思い出されるんだ。
連絡をしたらきっとまた傷つけてしまうしさ。
伝えたいけどもう伝えられない、感謝と後悔・・・。
最低最悪な私・・・。

期待だけさせて付き合わない最低な恋愛話

禁断の恋愛話





-恋愛
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

光男さんその2

しかし、戦後すぐのアメリカと日本。戦争の傷跡からか、周囲は二人の結婚に大反対。 日本にいる彼の親も大反対。 連れ戻すように彼の親がアメリカにきて、彼を強制的に連れ帰ってしまった。 バアちゃんは、何ヶ月 …

彼女とのお別れ

いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見れたから。 これも日頃のなんとやろなのかな? 病室のベッドで手を握りながら彼女は言う。 最期ってなんだよ。 お前は死なない、そう …

no image

彼は優しいから、いつも少し悲しそうに「すきだよ」と言っていた

彼はいつも眩しいスポットライトの下にいた。 とても人気があったし、実力だって十分にあった。 けれどその分、辛いこともあった。 厳しい世界だ。仲間だってライバルで、どんどん辞めてく。 そんな彼を支えたの …

彼への手紙

24歳のとき、私は、人生のどん底にいました 6年付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人と駆け落ちされ、父親が死に後を追うように、母も自殺 葬式やらなんやらで会社を休んでいる間に、私の仕事は後 …

no image

恋愛の悲しい話

恋愛の悲しい話になります。こんな苦しい話はありますか!? 涙腺崩壊してしまいました。今日だけは泣いてくださいね。 付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーね・・・。 …