友達

消防の頃の話 その1

投稿日:

長いので何回かに分けて書きます。私が消防の頃の話になります。消防の頃の話 その1。

俺が消防の頃の話です。

同じクラスに黒田(仮名)通称クロベーってヤツがいたんだ。

クロベーの家は母子家庭で母親とクロベーと弟の3人暮らしだったんだ。

クロベーの一家は親戚の家の離れに間借りして風呂は母屋のを共同で使わせてもらっていた。

クロベーの母ちゃんは、その親戚の家業を手伝う形で生計を立て、女手一つで一家を支えていていた所謂、貧乏な家庭だったんだ。

制服のズボンとかも何年も同じのをはき続けてるから丈が短かったり体操着なんかも所々破れたりしてんだ。

しかもクロベーは軽く池沼気味でギリ普通のクラスって感じで体も小さく万年ハナタレで勉強やスポーツは大の苦手でだった。でも、すげーいいやつなんだ。 いつも笑顔を絶やさず優しくてクロベーはクラスの人気者だったんだ。

そんでクロベーは虐められることもなく無事小学校を卒業し中学校へ進学した。

そして俺は中学でもクロベーと同じクラスになったんだよ。

クロベーはスケッチが好きで休憩時間になるとテラスに出てよく風景を写生してたんだがクロベーの場合は太陽を写生したりするわけ。

目を細め太陽を直視しつつすげー色使いで太陽だけをスケッチするんだよ。

するとこの様子を見た他の小学校出身の連中がクロベーを虐め始めたんだ。

虐めっつっても暴力を振るったり無視したりするわけではなくクロベーの突飛な発言や行動をからかったりする程度だったんで俺もそこまでは気にはしていなかった。 そんなある日、授業参観の案内があったんだよ。

クロベーの母ちゃんは仕事が忙しく消防の頃から殆ど学校行事に参加していなかった。

クロベーは運動会の時も、弟と2人教室で弁当を食べていたんだ。

ところが、親戚の粋な計らいで今回はクロベーの母ちゃんが来るらしい。

クロベーは満面の笑みで俺たちに、う報告した。

そして参観日当日、どこの親も、一張羅でめかし込んで来るわけ。

当然俺の母親もスーツで来てたんだよ。

そんな中、いよいよ授業が始まるって時にクロベーの母ちゃんがやっと登場。

仕事の最中に学校に寄った様子で、ピンクのジャージに紺のヤッケを羽織ってる。

急いで走って来たらしく首に掛けた手ぬぐいで額の汗をぬぐいながら、場違いな雰囲気に遠慮がちに教室に入って来た。

将に貧乏丸出しである。

でも、クロベーの顔を見ると、そりゃー嬉しそうにニコニコ笑って張り切ってたよ。

そんで、授業開始、その日は担任の女教師による日本地理の授業だったんだ。

程なくして、先生がこんな問いかけをした・・・。

「北海道の旭川市は稚内と比べると南に位置するにも関わらず冬季の気温が低いのはなぜか?」

この中学生には難しい問いかけに一同

沈黙する中、なんとクロベーが「はい!!」と高らかに張り切って手を上げたわけ。

普段からクロベーの突飛な回答に困惑していた先生も「しまった!!」つー表情。

先生は「では、黒田くん」と已む無くクロベーを指したんだ。

クロベーの回答は以下のようなものだった・・・

「稚内には牧場がいっぱいあって、牛がたくさんおって、その牛の息が集まって空気が温くなります」と、

言い放ったんだ。 当然、保護者含め一同大爆笑。

するとクロベーの母ちゃんが言った

「いいぞ平一!」てな。

そんで次の瞬間、無言でクロベーのところにツカツカと寄って来て、ハナタレだったクロベーの鼻水をチーンと手ぬぐいでぬぐったわけ。

笑い声は一気に静まり返り、一同呆然とする中、クロベーの母ちゃんは何事もなかったような涼しい顔で教室の後ろへと戻った。

俺は、なんだか妙に感動して、胸がジーンと熱くなるような感情を覚えた。

けど、周りのやつらの反応は違ったね。

この一件は、クロベーの虐めを激化させる引き金となってしまったんだ。

「貧乏人」「不潔」に始まり、クロベーの母ちゃんを中傷するような酷い言葉を浴びせ掛けられたんだ。

腕力に自信のあった俺と連れのHは、そのたびにクロベーを助け、虐めている連中を一喝した。

しかし、俺たちの見てないところで虐めは更にエスカレートし、靴を隠したり、筆箱に残飯を入れたり、無視したりと陰湿なものに移行していった。

しかし、クロベーは気にする様子もなく淡々と笑顔ですごしていたよ。

次回へ続く・・・。





-友達
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

乳がんの恐ろしさ

この話はつらい病気で友人がいなくなってしまった辛い話になります。 親友のMとは幼稚園からの長い付き合いです 高校で別の学校になってもずっと変わらない関係でした Mはいつも笑顔で、怒ることなんてありませ …

no image

あの舞台で歌うことが出来ずに悔し泣きしていた私です

私は、昔から歌うことが好きでした。 私は、頑張って歌練習をしてきました。 その甲斐あって、やっと今度みんなの前に立つことが決まりました。 友達がバンドをしていてそこでゲストとして参加することになりまし …

no image

花のようになりたい

花のようになりたいと私の友人が言い出したのでなぜかと深く突っ込んでみた。たしかにと納得する話だなと。 「もっと花のようになりたい」と「なぜ」と尋ねたら「誰のことを思うわけでもなく、誰の思いを受け取るわ …

no image

一緒に上京して同居してた親友がバイクで事故った話

オレが二十歳の時、一緒に上京して同居してた親友がバイクで事故ったんだ。 オレはその知らせを病院から聞きつけて大学から大急ぎで駆けつけた。 親友のKはICUに入っていたが、意識もあって見た目もほっぺに擦 …

no image

メロンカップ

素晴らし青春時代の友情の話になります。 私が小学校6年くらいの時の話をさせて頂きます。 友達と先生の資料整理の手伝いをしていた時に友達がアッと小さく叫んだので見たら、簿の私の名前の後ろに養女と書いてあ …