友達

消防の頃の話 その3

投稿日:

消防の頃の話 その3。

この話で最終回です。お付き合いありがとうございます。

そんで親も呼び出されこっぴどく怒られた挙句俺達がどついたヤツらの家を一軒一軒親と一緒に頭下げて回らさせられたんだ。

行く先々の家で俺たちは罵倒されそれでも親に無理やり頭を抑えつけられ俺たちは頭を下げた。

正義のヒーローのつもりが自分の親にまで迷惑を掛けてしまい俺はその理不尽さに

1人悔し泣きしたんだ。 ようやくほとぼりも冷めたある日、クロベーが俺とOの所にやって来てこう言ったんだ。

「今日うちの母ちゃんが2人にご馳走したいってだから遊びにおいで」と言うんだ。

別に用事もなかった俺達は即座に了承したわけ。

そんで放課後俺達はクロベーの家に行ったんだ。だがまだお母さんは仕事から帰ってなく家にはクロベーと弟しか居なかったんだ。

俺達は仕方なくファミコンはおろかテレビすらないクロベーの家で母親の帰りを待ったんだよ。

いい加減に待ちくたびれた18:00を過ぎた頃クロベーの母ちゃんが帰ってきた。

「みんな遅くなってごめんねいまご馳走するからね」と手に下げた買い物袋をテーブルに置くとエプロンを付け何やら料理を始めたわけ。 暫くすると「ぷーん」とカレーの匂いが漂って来た。

「やったカレーだ!!」クロベーの弟が嬉しそうに叫んだ。

程なくしてクロベーの母ちゃんが「おまたせ!!」と鍋に入れたカレーを持ってきたんだよ。

それと餃子も出て来たんだがよほど好物だったのかクロベーも弟も餃子に歓喜の声を上げたんだ。

俺達にとってはご馳走と言うにはほど遠いメニューだった、貧乏なクロベーの母ちゃんにしたら精一杯のもてなしだったことだろう。

腹も減ってたんで俺達はとりあえず食べることにした。

カレーに肉はなく刻んだ魚肉ソーセージと玉ねぎとジャガイモニンジンそしてなぜかシイタケが入っていたがどうやらこれが黒田家のデフォルトらしい。 だが、味はうまかったので俺達は豪快にカレーを流し込んだんだよ。

そんで暫くするとクロベーの母ちゃんがスプーンを置き静かに口を開いて俺達にこう言ったんだ。これがまた泣けてきちゃってさ・・・。

「あんた達、平一を助けてくれてありがとう、これからも友達でいてね・・・」

そう言うと声を上げてうぉんうぉん泣き出したんだ。

俺もなんだか悲しくてそして嬉しくって涙が溢れて来て声を上げて泣いたんだよ。

Oも釣られて、みんなでカレーの味も判らなくなるほど泣きじゃくったんだ。

一言もしゃべらずただカレーを食べながら声をしゃくりあげて泣いたんだ・・・・

クロベーだけは笑ってたな。 そんでそれから中学校3年間、俺とOはクロベーを守ったんだ。

そして、卒業を迎え俺とOは地元の高校に進学、クロベーは県外へ就職することになってたんだ。

俺とOはクロべーに別れの言葉を告げたんだ

「もう俺達はおまえを守ってやれない、これからはお前が母ちゃんを守っていくんだ」

そうクロベーに言った「わかった」と力強い言葉がクロベーから返ってきたんだ。

その言葉に俺達は安心してクロベーと別れたんだ。

それから数年後県外に落ち着いたクロベーは母ちゃんと弟を呼び寄せ3人で一緒に暮らしはじめたんだ。

あのクロベーがなんと頼もしいことだろうか。

だが俺の記憶はあんときのままだ・・・。

今も思い出すクロベーの屈託のない笑顔。

あいつには幸せになる権利があるんだ。

あれから四半世紀が経ち今は俺も家族を持ち子供を育てる父親となった。

俺は子育てで悩んだ時いつもクロベーの母ちゃんの事を思い出す。

親ってのはどんなにブサイクで恰好悪くても子供の味方して守っていかなくちゃならないんだと・・・。

本当に大切なものが何かって思い知らされたんだ。本当にくろべーありがとうな!これからもよろしく。

ながながお付き合いありがとうございました!





-友達
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

消防の頃の話 その2

前回からの続きです。2話目・・・。 そんなある日、クラスで物が無くなったんだ。 ある女子生徒が鞄の中に入れていた現金の入った封筒を盗まれたと騒ぎ出したんだ。 するとクロベーを虐めてた連中の一人が 「貧 …

no image

親友は今でも親友です

何年も前からの親友の話です。今でもずっと仲良くやっています。本当に体切な親友。昔の話を思い出したので書きました。 小学校6年くらいの時の事の話です。 親友と、先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が …

no image

卒アル

卒アルみて思い出したのでカキコさせてください。 高校の修学旅行の話になります。 親がいなくてさ義親から虐待受けてる子がいたんだ。 バイトして自分で学費とか全部出してたらしいんだけど 修学旅行の積み立て …

no image

消防の頃の話 その1

長いので何回かに分けて書きます。私が消防の頃の話になります。消防の頃の話 その1。 俺が消防の頃の話です。 同じクラスに黒田(仮名)通称クロベーってヤツがいたんだ。 クロベーの家は母子家庭で母親とクロ …

no image

みーくんありがとう!

僕が小学校4年生の時、10歳の誕生日会を開くことになった。 土曜日に仲の良い友達、みんなに声かけた。「明日来てくれる?」って。 みんな、「うん!絶対行くよ!」って言った。 俺は引っ込み思案で誕生日会な …