1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



動物

犬はかわいい

投稿日:

この話は急におばあちゃんが犬を買ってきた話になります。

そのばあちゃんは自分勝手で頑固な一人暮らしのおばあちゃんがペットショップでかわいいと感じてチワワを飼ってきました。名前はモモちゃんです。

ばあちゃんは何回もの犬を飼ってきたのを見てきました。ただ結局一人暮らしのせいで育てることに限界をかんじ違う人に譲ったりしてたんです。

あたしは、動物がとても大好きだったせいかその時のおばあちゃんはとても憎かったです。

このモモちゃんだけは誰よりも一番に可愛がっていました。孫のあたしよりも子供であるお母さんよりもそしてももちゃんは月に一回必ず少しおばあちゃん家にはなれた私の家に来てましたんです。

モモちゃんもあたしたちの家にはごく普通な家族でお母さんもお父さんも兄弟もいるので誰かしらモモちゃんにかまってあそんでいました。

モモちゃんもすごく私の家に行きたい!って毎回おばちゃんの家に行くたんび目で訴えてきました。

行けないときは犬なのにいじけていじけて。でもそれもかわいいんです!

私の家からおばあちゃん家に帰したときは楽しかったことをおばあちゃんに走って尻尾振って教えてる姿がとてもかわいらしかったです。

私は学校帰りで彼氏さんと帰ってました。
すっごく幸せでした。そのまま帰ろうとお母さんに迎えに来てって!わかった。って普通な会話でした。

だけどなかなか迎えに来なくてさ。

電話かけなおそうと思った時お母さんから着信があって電話に出たらお母さんがすぐい泣き叫んで!どうしたらいい!?

この時急にモモが大変な状態になっていたそうですとずっとあたしに
さけんでて私はなんで叫んでるのか怖くてなんかあったの?って聞くのにすごい勇気がありました。

そしたらおかあさんが「モモが息してない」

スポンサーリンク




どうしよどうしよその時はおかあさんの友達の人がお母さんを助けてくれたみたいで近くの動物病院まで落ち着いて案内したそうです。

私はその動物病院まで走り込みました。

だけどもう遅くてその時はなぜか泣けませんでした。モモの顔見てもモモは、本当幸せそうでした。

眠ってる感じで呼んだら走ってきそうな感じ。

そのモモを私たち家族はおばあちゃん家に帰しに行きました。

ついたときお母さんがばあちゃんに泣きついておばあちゃんはありがとうありがとうの繰り返しでした。

そして、動かなくなったモモを抱きしめて!!
なにやってんだぁ~モモ!モモ!モモ!!!!!!!

って何回もよんでいました。

あたしはこの時初めて息ができないくらい泣きました・・・。

おばあちゃんにこんな風になったモモを帰すことになった大事に大事にしてたモモを…お母さんはごめんね

ごめんねって何回も…この時震えが止まらなかったです。

おばあちゃんは夜から朝までモモをずっとそばに置いて

何回も何回も話しかけていました。わたしはつらくて悲しくて受けいられなくてこの時はじめてあの憎かったおばあちゃんが可哀相に見えました。

モモ…あなたはしあわせでしたか?

毎日毎日おいしいもの食べて大好きな場所何回も連れてってもらって
たくさん遠くまでお出かけで来てでも…まさかの急にいなくなるのはずるいよ…

おばあちゃんより早く死んでしまったのかというおばあちゃんの言葉は今でも耳に残ります。

普段絶対泣かないおばあちゃんがあんあに号泣して…本当につらい悲劇でした。

本当に・・・。ももありがとう

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-動物
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.