1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

動物

愛犬が生きててよかった

投稿日:

この話をみて本当に心苦しくなりました・・・。その話とはアメリカ・サウスカロライナ州で動物愛護協会が違法な闘鶏が行われている場所に捜査に行ったところ、鶏以外にも虐待されている犬がいました。

犬は骨が見えるほど痩せ細った状態でした。犬は骨が完全に骨が浮き出ている状態でした。しかも10匹の子犬がおり、ぎりぎりの状態で生きていたのです。本当にあぜんとしました・・・。

スポンサーリンク


母犬と子犬はすぐに保護されました。しかもなんと盗まれた犬だった!

母犬はろくに食べ物も与えられず虐待されていただけでなく、なんと約1年前に飼い主の自宅から盗まれた犬だったことが分かりました。

飼い主のエイプリル・モリスさんはチラシを作り報奨金を用意し、犬を探していましたが見つからず、もう会えないのだとあきらめていたのです。

そんなとき、ニュースの映像にやせ細った犬の姿が映し出されます。

それが探していた愛犬ニーナルイーズだと分かり驚愕するエイプリルさん。探していた犬が虐待され、さらに子犬まで生んでいたとは!

ニーナルイーズの頭には特徴的な白い毛があり、それで探していた愛犬だと分かったのです。

ニーナはやせ細り、体には傷もありましたがエイプリルさんは生きていてくれただけでうれしいと語りました。

親子ともども家族の元へエイプリルさんの姿を見たニーナは駆け寄り大喜びしたそうです。

ニーナは家族の元に帰り、子犬たちももう少し大きくなったら里親を探すことになりました。

これからは幸せに暮らせますね。

ニーナの体には傷もあり、闘犬用の噛ませ犬として連れ去られたのではないかと考えられています。また、鶏用の飼料しか与えられずこのようにやせ細ってしまったようなのです。

噛ませ犬とは、闘犬として調教する犬に噛ませて自信を付けさせるためにあてがわれる弱い犬です。

愛情などはもちろん一切与えられることも無く、死んでいもいい犬ですからまともな扱いは受けず、日々を犬に襲われ噛み付かれるという恐怖と痛みの中で過ごします。

本当に残酷な仕打ちとしか言いようがありません。

そんな中で10匹の子犬を守り生き抜いたニーナ。彼女が家族のもとに戻れたことを心からうれしく思います。

闘犬として戦う犬もただの戦う道具ですから、愛情もなく凶暴になるように過酷な環境で飼育されます。

そして、凶暴さを助長するために与えられる噛ませ犬。

闘犬は虐待以外の何物でもなく、欧米では禁止されている国がほとんどです。

日本では規制は何もなく、動物愛護の精神の低さを物語っており、非常に残念に思います。

早くわが国でももっと愛犬が安心して暮らせるようになるのを願うのと人間のモラルがとわれるなと感じました。

スポンサーリンク


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-動物
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.