1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話



no image

お母さんの味噌汁

2015/02/25   -泣ける話
 

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当がいる時は、母さんががんばって 作ってくれていた。 でも、小学校6年の時の遠足で、 見た目が悪い、 ...

no image

ようやくお前に顔向けできるな

2015/02/24   -泣ける話
 

俺さ小さい頃、一人っ子で両親共働きだったから、鍵っ子って奴だった。 だからさちょっと内気で友達もできなくてさ、よく、じいちゃんの家に行ってた。 じいちゃんはさ、会社の社長でさ忙しかったけど俺が行くと絶 ...



no image

お父さん肺がん見つかったんさ

2015/02/24   -泣ける話
 

俺は今大学四年一人ぐらし、医療系の大学通ってる タイトル通り、親父が癌になった って言っても癌になったのは俺が大学2年の時で 今から大体2年前くらいかな、 その2年まえから今日までの間で色々思うことが ...

no image

おじいちゃんが一緒に走ってくれていたのかもしれません

2015/02/24   -泣ける話
 

私は、小さい頃からずっと何をするにもおじいちゃんと一緒でした。 友だちに遊びに誘われたら、家にきてもらって竹馬を教えてもらったり、竹とんぼを作ったりと現代の子どもたちがなかなか教えてもらえないようなこ ...

no image

あなたが生まれてきてくれた事は、私の人生で一番の幸せだったよ

2015/02/24   -泣ける話
 

私は母親です。 出産後、まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児がんの中でも難しい症例で、1歳の誕生日を迎える事は難しいだろうと言われました。 厳しい闘病生活も、何も知らない ...



no image

母親が残してくれたビデオテープ

2015/02/24   -泣ける話
 

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。 それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。 俺、親父のビデオとかかな?なんて思っ ...

no image

おじいちゃんカマボコ大好きだったから

2015/02/24   -泣ける話
 

私が小学1年生の時に事故で両親が死に、それ以来おじいちゃんと2人で暮らしていた。 おじいちゃんは料理などできなかったけれど、私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。 ご飯と納豆、とかご飯と缶詰め、 ...

no image

今日は俺が鼻水出してた

2015/02/24   -泣ける話
 

JR大久保駅から通勤してたんですが、週2日は10時までに舞子に着けば良い時期がありました。 朝ゆっくりできるし電車は空いてて快適でしたホームへの階段降りてすぐベンチがあり、そこに書類カバン置いて缶コー ...



no image

母親のこと

2015/02/24   -泣ける話
 

あなたは母親のことを何て呼んでいましか? ママですか?お母さんですか?かあちゃんですか? あなたは、ママの愛情を一杯に受けることができましたか? 受けた愛情をお母さんに返していますか? かあちゃんに親 ...

no image

もしぼくが死んだら

2015/02/23   -泣ける話
 

一人の英国人兵士が、イラクで銃弾に倒れた。 彼は戦場に赴く前、婚約者に一通の手紙を残していた。 “もしぼくが死んだら、開封して読んでほしい”と託して。 英ランカシャー州のリー・ソーントンさんは、イラク ...

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.