1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

感動する話

良心を持ち続ける

投稿日:

私が中学生の頃の話になりますが私の兄が当時荒れていて家にいると暴れたりと何かと辛いことが多かったんです。
母が私に気をつかい気晴らしに旅行に連れて行ってくれたけど、平和な外にいると家に帰るのが辛くて辛くて・・・・。
少しでも長く現実から逃避したく、新幹線で帰る母と別行動で鈍行で帰ると言い張ったくらい家には帰りたくなかったんです。
京都~東京間を鈍行で帰ろうとしたんだけど、東京在住の中学生には地方の交通事情が分からず、気がついたら終電で、長野の山の中の小さい駅に1人取り残されてしまったんです。しかも無人駅で人気のない駅に・・・。

スポンサーリンク


私は「行けるところまで行って、終電から始発までの数時間はコンビニかファミレスにればいいやと」
甘い考えをしていたので21時には電車がなくなるとか、駅前にコンビニどころか交番もないとかもちろん予想なんかしておらず途方にくれたんです。駅前には民家にしか見えない食堂みたいなところがあって、飲み会かなにかしているらしい他にはお店も何もなかったんです。
駅にしばらくいたけど、怖いしお腹はすくしで、びびりつつ食堂に入りました。
食堂では地元の少年野球チームの保護者の大人たちが飲み会をしていて、正直かなり恥ずかしく、半泣きになりながらうどんを頼んだ。おばさんが不審がって事情を聞いてきたので、
一人旅の最中で、電車の時間をきちんと調べていずに終電になってしまったと話した。
そしたら、少年野球チームの人たちが心配してくれて、皆を送るためにお酒を飲まないでいたという男の人が電車のある駅まで送ってくれるという話になりました。
もちろんびっくりして断ったんだけど、誰かの家に泊まるか。
送っていってもらうかどっちかにしなさいと言われて、同い年の子に奇異の目で見られるのもつらかったので送ってもらうことにした。今考えると、相手がいい人たちでよかったと思うしかないです。本当に本当に助かりました。感謝しています。

「うちにも中学生の娘がいて、最近は難しい年だからうまくいかないこともあるけど、うちの娘がどこかで困っていたらと思うと親だから心配だし、自分が駆けつけられないなら近くにいる人に助けてもらってほしいと思う。

おたくの親御さんも同じように思っているだろうから、これは人の親としての義務であって、だから感謝はしなくていいから無事に帰りなさい」

みたいなことをちょっとずつ一生懸命話してくれて、食堂のおばさんが作ってくれたおにぎりをもらって駅で別れた。私が駅に入っていくまで車は駅前に停まってた。
送ってもらった駅からの終電と地元の駅からの終電が重なる駅まで父に迎えに来てもらって、うちは車がないので、そのままそこの駅前のビジネスホテルで久しぶりに父と寝た。

そのあとお礼の手紙は送ったけど、行く勇気がなくて行けずにいる。
でも、このことがあって、家の中は相変わらずだったけど、自分も誰かに親切にできる人になりたいと思った。席を譲るとか荷物を持つとか具合が悪そうな人に声をかけるとかを。

人間たくさんいい人がいるなと感じさせてもらったのでこれからは私が恩返しをしていきます。

スポンサーリンク


おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.