1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

おじいちゃんの青い煙草

投稿日:

高3の秋の事なんですが・・・・。
大好きだったおじいちゃんが亡くなったんです。

スポンサーリンク




母方の祖父で私は父と仲が悪く、あまり好きじゃなかったので父に怒られたり殴られたりした時はいつもおじいちゃんの家に逃げていました。
高校生になってもボロボロ泣いて飛び込んでくる私におじいちゃんは何も聞かずにたくさん用意してあるお菓子を目の前に出しては
「そんなに泣かないでいいから、これ食べてお茶でも飲め!!!!」と慰めてくれていたんです。
仕事熱心であんなに元気だったおじいちゃんも3年前に膵臓癌で亡くなったんです。最近おばあちゃんと2人で、おじいちゃんの使っていた農作業用具の物置を掃除していたら見覚えのあるタバコ入れが落ちていたんです。
病気になってから家族に喫煙をとめられていたにもかかわらずきっと物置に隠れてこっそり吸っていたんじゃないかと思います。おじいちゃんらしいなと感じました。
小さい頃からいつも見ていた青いタバコ入れが物置にポツンと落ちているのを見て私は涙が止まりませんでした。たまに大声で怒鳴っても、私にはいつも優しかったおじいちゃん。
昏睡状態に入る何日か前に私に笑いかけながら言おうとした言葉は何だったのか聞きたいことも話したいこともまだまだいっぱいありました。
3年経った今でも、ぶどう畑に行けば青いタバコ入れを胸ポケットに入れたおじいちゃんが働いているんじゃないかと思ったりもします。
おじいちゃんのタバコ入れはお仏壇の引き出しにしまってあります。いつか私が結婚して家を出ることになったら持って行きたいと思ってます。
それだけ大切な煙草・・・・。
おじいちゃんありがとう。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.