Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

天使になったあなたへ

投稿日:

こんな悲し話があるんですね。本当に泣けてきます。
今年2月…あなたがママのお腹の中に来てくれたのがわかりました。
ママとパパはやっと2人目が出来てすごく嬉しかったんだよ。
ママとパパとお姉ちゃんでお出かけした先でいつも寂しそうに兄弟がいる他の子たちを眺めていたんだ。
あなたのお姉ちゃんにもやっと兄弟ができると思うとその日から世界が変わったように毎日がキラキラして見えました。

順調にお腹も大きくなってきて検診であなたがおしゃぶりしている様子がエコーで見えました。
しっかりとした心音も聞きましたよ。
病院の先生も元気に成長してるね、と言ってくれました。
性別も男の子だとわかりました。
そして・・・やっと妊娠6ヶ月目に入りました。

ママはそんな悪夢が迫っているなんて思いもしませんでした。

急に破水してしまい夜勤から帰ってきて寝ているパパを叩き起し病院へ向かいました。
覚悟はしていたけど破水してしまったら陣痛が始まりお産が進む。
薬でも止めることも出来ない・・・。
まだ小さいあなたはこの世界に誕生しても生きていく事ができないと説明を受けました。
そしてママはそのまま入院して次の日の朝あなたが生まれました。

スポンサーリンク




破水して陣痛が来て生まれる寸前まであなたがお腹の中で動いてるのがわかりました。
でもお腹から出てしまったら自分で息をする事も自分で泣くことも出来ない。
出来ることならママはあなたをまだお腹にいさせてあげたかった。
ママの思いがどうもがいても繋がることが出来なかったの。…ごめんね。

そしてあなたは生まれてすぐに息を引き取り天使になりお空へ帰ってしまいました。
ママはあなたが生まれた日に退院しました。
そして2日後。小さな小さなお骨が小さな小さな骨壷に仕舞われてお家に帰ってきました。

なんで破水なんかしたんだろう…
風邪気味だったのがいけなかったのかな…
何か悪いものでも食べたかな…
いつものお腹の張りを軽く考えすぎてた…

戻れるならあの日に戻りたい。
毎日そんな事ばかり考えてしまう。

あなたがいなくなったお腹の軽さにまだ体が慣れない。
妊娠中だからと控えてたコーヒーやお刺身も今では食べれる。
今まであんなに食べたかったのに食べられることが切ない。
そんなの一生食べられなくてもいいからあなたがお腹にいた頃に戻りたい。

抱っこしてあげたかったな…おっぱいも飲ませてあげたかったなぁ…オムツだって交換してあげたかったな…
お姉ちゃんとあなた。
いくらうるさくされてもいい。
それが幸せなんだから。
だから出来ることなら帰ってきてほしいよ…

でもね、そんな事ばっかり言ってたら、あなたが安心して眠れないでしょ!ってあなたのひぃおばぁちゃんにママは言われました。
その時やっと我にかえりました。
そうだよね。あなただってこんなママをおいて、安心して逝けないよね…

ママは今寂しさにつぶされそうだけど、負けないであなたにまた逢える日まで頑張ることにしました。

あなたが待っているかと思うと、死ぬ事さえ怖くないと思えました。
だけど、ママはまだそちらには逝けそうにありません。
パパやまだ幼いお姉ちゃんを残して逝くにはあまりにも心配で…心配で…

なのでママがいつかあなたのもとへ行けた時、いっぱい抱っこしてあげるね。
いっぱい甘えていいんだからね。

それにいつもママの中にあなたがいる事を忘れないでね。
毎年、あなたのお誕生日も、クリスマスも、こどもの日も、みんなで一緒にお祝いしようね。

ママとパパのもとへ来てくれてありがとうね。
あなたはママとパパの大事な息子。
お姉ちゃんの大事な弟です。
あなたは精一杯ママのお腹で生きてくれました。ちゃんと生んであげられなくてごめんね…
あなたもお姉ちゃんと同じように愛してます。
また逢える日まで・・・。

あなたのママより

本当に泣きました。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.