1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

戦時中の泣ける話 切ない恋心

投稿日:

たかしへ

たかしが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょうか。

娘も、こんなに大きくなって・・・。

たかし、見ていてくれていますか?

あの時、私はたかしに言いました。

「お国のために、立派に死んで来てください」

私はたかしの小さくなって行く背中に、いつまでも手を振り続けました。

何度もくれた、戦地からのお便り、何よりの私の心の支えだったんですよ。

不思議と、たかしはいつも私の傍に居てくれている。

そう思っていましたから。

私は今でも後悔しています。

あの時、非国民と言われようが

「無事に帰国してきてください」

と、ちゃんと言えば良かった。

今日は、たかしの娘の20歳の誕生日。

たかし、私、この子を立派に育て上げることが出来ているでしょうか?

私、信じていますよ。

いつか、私の人生が終わる時が来たら、たかしは私に

「よく頑張ったね」

と言ってくれると。

今度生まれ変わることが出来たなら、またたかしと一緒がいい。

平和な世界で、ゆっくり散歩なんかしたいものだわ。

毎日笑って、毎日手を繋いで、毎日キスして過ごすんです。

とても、素敵じゃないですか?

私は、たかしをずっと愛しています。

いつかまた出会った時は、またたかしに恋をします。

その日まで、どうか気長に待っていてくださいね。


おじいちゃんの戦時中の泣ける話
子供といるときの時間の大切さ





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.