1人で泣きたいときに見る話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

思い出のおじさん煙草の話

投稿日:

思い出の煙草の話です。
俺には大好きな大好きな叔父さんがいたんです。
柔道をやってて叔父さんは筋肉質でガッチリしてて酒も強かったんです。
毎回思うのは少しお酒臭かったけど叔父さんの膝の上が好きだったんだ。
ずっと兄が欲しかった親父も「兄貴」と親しんでいた存在でした。
叔父さんは俺の誕生日にいつも欲しい物をくれたんです。
遠慮がちの子供だった俺は親にも欲しい物を言ってなかったのにどういうわけか俺の欲しかった物をピタリと当てて買ってくれたんだ。
小学校最後の誕生日に叔父さんが家に来たんだ。
「はい。OO誕生日おめでとう。」と渡されたのは安いトランプだったんだ。
全然嬉しくなかったのに俺は一生懸命笑顔を作って「ありがとう」と言ったのを覚えている。
残念がってるのにそれを隠そうとする俺を見た叔父さんは「男だな、お前は・・・。」とニコっと笑って後ろに隠していた当時並んでも手に入らなかったスーパーファミコンとソフト3本を手渡してくれたんだよ。
そんな意地悪をする叔父さんが憎かったけど大好きだったんだ。
しかし叔父さんが次の日、突然失踪したんだ。
原因は当時わからなかったけど今思えば納得がいくな。
金があればすぐブランド物に手を出す叔母さん、そんな娘を何よりも愛する祖父が。
比較的高学歴高収入のウチの家系で高卒の一般サラリーマンの叔父さんをよく思っていたのは俺と俺の両親だけだったんだ。
そしていつの間にか叔父さんの失踪も記憶から薄まってきた10年が過ぎた先日大学から帰った俺が部屋に着いて煙草に火をつけて間もなく母親が俺の部屋のドアをノックした。
「○○叔父さんね、死んだって・・・泣」
ウチの家系からは誰も葬式に出なかったらしい。
俺の両親も妻や祖父に止められてどうしても出させてもらえなかったらしいんだ。
俺は悲しみと悔しさで涙をこらえるのが精一杯だったよ。
母が俺の部屋を出るときに言ったんだ。
「あんたは覚えてないかもしれないけどね。あんたが吸ってるその煙草、叔父さんも吸ってたのよ。」
せめて煙草の火を消すまで泣くまいと思ったが、ドアが閉まってすぐに声をあげて泣いた。
火を付けただけでほとんど吸わずにフィルターまで灰にした思い出の一本の煙草・・・・。





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.