1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

ぴんく色のかまぼこ

投稿日:

この話は大好きなおじいちゃんの泣ける話になります。

私が小学1年生の時に事故で両親が死にそれ以来おじいちゃんと2人で暮らしていたんです。
おじいちゃんは料理などできなかったけれど私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。
ご飯と納豆とかご飯と缶詰めとか。

そして食卓にはいつもカマボコが2~3切れ置いてあったんだ。
カマボコは必ず毎日食卓にあった。私はカマボコがおじいちゃんの好物だと思っていた。
中学生になり私が食事の用意をするようになっても必ずカマボコを2~3切れ食卓に出し続けた。
4年前おじいちゃんが亡くなった時霊前にカマボコを供えた。おじいちゃんの好物だと思っていたから。叔母さん(父の姉、おじいちゃんの長女)に「おじいちゃんカマボコ大好きだったから…」
と言うと「違うんだよ」と言われた。
「違うんだよ。あの人は子供が喜ぶ料理なんてつくれないから困ってたんだよ。」
「カマボコはピンク色だから女の子が喜ぶと思っていつもカマボコを用意してたんだよ。」

スポンサーリンク




その他にも両親が死んで叔母さんが私をひきとると申し出た時
おじいちゃんが「俺が育てる」と言って私を離さなかった事などを聞いた。
おじいちゃんはいつもしかめっ面で寡黙でちょっとこわい人だった。
でも両親がいなくなった私に寂しい思いをさせないように一生懸命だった。
参観日に死んだお父さんの服を着て来てくれたこともあった。(サイズ合ってない)
ハンバーグが食べたいと言ったときに挽き肉を丸めて焼いただけのものが出てきたこともあった。
口にも態度にも出さなかったけどおじいちゃんはすごく一生懸命に私を育ててくれた。
ピンク色のカマボコを見るとおじいちゃんを思って切なくなる。
もちろん今でもお仏壇にお供えする品に、必ずカマボコをそえています。

本当におじいちゃんありがとう!ずっと私の心の中に生きています。

本当に本当にありがとう。

スポンサーリンク





義兄弟の泣ける話
久々に実家に帰宅したときの泣ける話





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.