1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

14年前

投稿日:

もう14年も昔の話なので、今は普通に暮しているけど、母が癌で死んだ。
しかも子供だった私達姉妹は最後まで癌だった事は知らされずに死んだ。
本当に素晴らしい人だった。たぶん一生私の中で尊敬する人だし、目指すべき人でもある。

抗がん剤を投与して髪が無くなりレースのヘアーキャップをかぶって病室で笑ってる母を
今でも思い出す。私の中学の入学式の日に無理やり病室から出てきてかつらで入学式に出てくれた母。
制服姿の私を見て涙する母に大げさだなーと笑っていた私。
後から聞けば、前日父から母に癌を告知されたらしい・・・

スポンサーリンク




東京の病院に移り、北海道の私達の家に無言で帰宅した母に驚きでしばらく涙も出なかった。
その後、癌だと言う事を教えてくれなかった父に激しく怒りをぶつけ、口も聞かなかった。
でも、父は父で1人で辛い思いをして来た事に気づいたのは母が父に宛てた手紙を見つけた時だった。
その手紙の日付の夜、父は真夜中まで帰って来ず目を真っ赤にして次の日の朝笑っていた事を思い出した。

この前飛行機に乗って、前列の方に遺体があるのに気づき、その後ろで黙って座っている
男性を見たとき、父も同じように帰ってきたんだなと思い涙が出た。

昨日から色々自分の事で悩んでいて、死んでしまいたいと思っていました。
でも、このスレッドを見て死んだ母の事を思い出し、又、色々な方々の体験を読ませて貰って
自分の愚かさに気づきました。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-,

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.