1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

ぼうやありがとう

投稿日:

ある家庭に脳に障害のある男の子がうまれた。

そして数年後さらに次男誕生。

小さい頃弟は喧嘩のたびに「兄ちゃんなんかバカじゃないか」というのを聞いて母親は悲しんだ。
だが母はなにも言わずじっと待つことにした。

兄が小学1年生になった時、兄の同級生を招いて兄の誕生日の祝いをしたが、兄は悲しいかな急に招待した同級生を殴りはじめた。
そのとき弟が飛び出してきて「お兄ちゃん殴るんだったら僕を殴って、ぼくなら痛くないから!」

それをきいた母は心の中で「ぼうやありがとう」と言った。

スポンサーリンク




その弟が小学一年生に入学した時、隣の席は手に障害のある子だった。
体育の授業のある日は体操服に着替えねばならないので当然その隣の子は着替えに手間取って遅れてきた。

しかし二回目からは時間どうりに来たので先生は不思議に思い、体育の授業のある日そっと教室をのぞいてみた。

するとあの弟が一生懸命になってきがえをてつだっているのを見た。
先生はこのことをみんなに話そうかとも思ったがせっかく弟が自主的にやっていることなので黙っていた。

さて、七夕の前日授業参観日があった。先生が児童の書いた短冊の願い事を読んでいた。

子供らしいおもちゃがほしいとか、の中に「神様、どうか隣の子の腕を早く直してください」と書いてあるのを見つけた。
そうあの弟の書いたもの。

先生はたまらなくなって皆の前でこの弟の着替えのことを話しだした。

自分の子が手に障害があるのでみんなに迷惑をかけているのではないかと
廊下の隅で小さくなって授業を見守っていたある母が教室に飛び込んできて弟の足元で号泣した。

「坊やありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう」

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.